体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あべのハルカスで“地上300m”の空中散歩を体験 高所が苦手な人は絶対に行くなよ!? でもめっちゃ楽しいよ(笑)

harukas_14

まったくもう! なんてアトラクションを思いついちゃったんだ!

日本一高いビルとして有名な“あべのハルカス”(大阪市)が、地上300mの体験型アトラクション『EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)』を3月7日(水)よりオープン。ビル最頂端部に幅約60㎝、長さ20mのデッキを新設し、ゲストが命綱を装着して歩く断崖絶壁の戯れです。

img_7943_1

メディア向け体験会の案内を見て「『GoPro』で撮影してきたら面白いんじゃない?」という編集長の一言に、「そうでやんすね! 行ってきやす!」と二つ返事で大阪に飛んだ筆者。一足お先にチャレンジしてきた日本初のアトラクションをレポートします。

展望台(60階)のさらに上へ

img_7975

『エッジ・ザ・ハルカス』に参加するには、ハルカス300(展望台)の60階申込カウンターで身分証明書を提示し、誓約書にサインを記入します。参加料は年齢にかかわらず一律で1000円。その他に、展望台の入場料金(大人1500円、中高生1200円、小学生700円)が必要となります。

dsc_1279

58階~60階の三層構造になっている展望台では、全面ガラス張りの窓から東西南北360度の景色が一望でき、気候条件によっては六甲山や淡路島まで見渡せちゃいます。近くに見える通天閣もミニチュアサイズです。

dsc_1290_1

そして、60階からさらに上階へと登るのが『エッジ・ザ・ハルカス』。屋根や窓はなく、風に吹きさらしの状態です。手すりは腰あたりの高さまでしかないんですよ……!

dsc_1392

参加者は衣服の上から専用のユニフォームを着用し、ハーネスと安全ベルトを装着します。荷物はすべてロッカーへ。腕時計、ピアス、ネックレスなど、落下の危険があるものは全て外し、メガネはメガネひもの装着が必須となります。

harukas_10

安全ベルトをアトラクションの手すり(レール)につなぎ、階段を上がっていざアトラクション本番です。体験の様子を『GoPro』で撮影してきたので、動画もあわせてご覧あれ。一緒に参加した地元大学生の新鮮なリアクションにも注目です。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。