体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「おふざけというか変態」「どんなにイケメンでも許されない」 雑誌『LEON』のジャケットを遊ぶテクにドン引きの声

leon_201804_01

“ちょい不良(ワル)オヤジ”を世に流行らせた月刊ファッション誌『LEON』(主婦と生活社)。その2018年4月号に「3秒でできる!ジャケットを遊ぶ5つのテクニック」という見開きページが掲載されているのですが、そこで取り上げられているテクが「ドン引き」「大惨事」と話題になっています。

leon_201804_02

『LEON』でジャケットの「慣れているな~」と思わせるテクとして挙げられているのが……胸ポケットにスカーフがわりとしてパンティーを入れておくこと! 「実はこれ、かつてLEONが提唱したおふざけテクのカムバック」といい、「もちろん“ハイ、あげるよ(笑)”のオチとセット」とあります。「とびきりラグジュアリーなのが勝利条件」とあるだけに、紹介されているパンティーも高級ブランド・ラベルラのものでお値段41300円!

これに対してネットでは「爆笑した」という反応や「おふざけというか変態」といった声も。あるユーザーは次のようにツイートしています。


これ思った。LEONの読者層がどんなにイケイケでも、これを胸に挿してて許される人は極めて少ない。てか、いない(笑)

ほかにも、「どんなにイケメンでも許されない」「セクハラで一発アウト」「誰にでもやったら事案」といった意見が集まり、別のユーザーからはこんなツイートも。


憧れの上司でも、こんなことされたらその日から一気に死んでほしいランキングトップ3に入りますね。

「勘違いして真似するオヤジが絶対いそう」「気持ち悪くて受け取れない」「変態しか喜ばないだろ」という声があったほか、「許されるのは高田純次だけ」というツイートも見られた『LEON』提唱のモテテク。雑誌創刊は2001年で、当時と現在では女性に対する意識が変わっており、かつては通用していた“ギャグ”が効かなくなっているということを示しているのではないでしょうか。

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。