体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

戦慄の“あの食卓”が再び! 前日譚『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』場面写真一挙解禁 若かりしソーヤー家の姿も明らかに[ホラー通信]

ホラーアイコンとして名高いレザーフェイスとその家族・ソーヤー家の過去を描く、『悪魔のいけにえ』の前日譚『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』より、場面写真が多数解禁。一作目で強烈なインパクトを残した“あの食卓”や、ソーヤー家の人々の若かりし頃の姿などが明らかになる。

関連記事:トビー・フーパー最後のプロデュース作品 伝説的ホラーアイコンの少年時代を描く『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』5月公開

ソーヤー家は、テキサス州の片田舎で、旅行者を殺害し人肉や人骨を加工して生計を立てる一家。末っ子で大男のレザーフェイスは、知能こそ低いものの、その体格を活かして人間をひっ捕らえてはチェーンソーで体を切り刻むという体力仕事を担っている。人間の顔の皮膚で作った手製のマスクがトレードマークだ。そんなレザーフェイスの幼少期とは、果たして……。

『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』 解禁写真

なんとも見目麗しいこちらの少年がレザーフェイスだ。この美少年の何がどうなって人皮マスクの大男・レザーフェイスになるのか気になって仕方あるまい。実はマスクの下は美青年だったのか? それはきっと本編を観れば分かる(はず)!

こちらの写真が、左からコック(ドレイトン)レザーフェイス、そしてヒッチハイカー。コックとヒッチハイカーはレザーフェイスの兄にあたる。オリジナル版では不気味な中年男性だったコックが、かつてはムキムキの青年だったことが判明。昔は調理担当ではなくレザーフェイスのような“獲物捕獲”の役割を担っていたのかも?などと想像が膨らむ。

こちらは、オリジナル版では顔の白いミイラのような姿だったグランパ、そしてレザーフェイスの母。血色の良いグランパのご尊顔がなんだか新鮮である。レザーフェイスの母を演じるのは、『死霊館』で怪奇現象に悩まされるペロン一家の母を演じていたリリ・テイラー。この母が、レザーフェイスの5歳の誕生日にチェーンソーをプレゼントするようなのだが……。

マリリン・バーンズ演じる若者が強制的に座らされ地獄を見たソーヤー家の“あの食卓”が、今作にも登場する。人骨の装飾品で飾り立てられ、絶対に美味いものが出てこなさそうな不穏なムードがたまらない。

今作の前売券は2月24日(土)より全国の上映劇場ほかにて1500円(税込)で発売される。前売券をにぎりしめ、『悪魔のいけにえ』を観返しながら公開を楽しみに待ちたいところ。「実はまだ『悪魔のいけにえ』を観たことがない」という貴方は今のうちにぜひどうぞ。リメイク版の『テキサス・チェーンソー』は設定が異なりソーヤー家が登場しないため、注意されたし。

『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』は5月12日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開。どうぞ、お楽しみに!

『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』

プロデューサー:トビー・フーパー
監督:ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ
出演:スティーブン・ドーフ、リリー・テイラー、フィン・ジョーンズ
2017年/アメリカ/89分/原題:LEATHERFACE配給:松竹メディア事業部
【公式サイト】www.leatherface.jp

(C)2017 LF2 PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。