体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホテルライク滞在を保証! Airbnb、ワンランク上の住宅だけを集めた「Plus」開始

世界で民泊を展開するAirbnb 。米サンフランシスコで始まったこのサービスは、開始から10年が経った。利用したことのある読者もいるだろう。

しかし、お手頃価格、便利な立地などとメリットがある一方で、「期待外れだった」なんてことも、正直ある。そこでAirbnbは、快適性やデザイン性、設備などが高クォリティの住宅だけを集めた「Plus」を開始した。

・高評価のホストだけ

Plusは、Airbnbのスタッフが実際に足を運んで、アメニティやサービス、接客態度、インテリア、清潔性など100項目以上をチェックしている。

そうした厳しい目をクリアしたところだけを「Plusの宿」として認証して、専用ページで紹介する。ちなみに、ホストの評価は5点満点のうち4.8以上が基準だ。

・平均宿泊費は倍に

このサービス、現在はロサンゼルス、シカゴ、上海、トロント、シドニー、バルセロナ、ケープタウンなど13都市をカバーし、リストは2000件超となっている。

平均価格は、普通の宿泊が100ドル(約1万1000円)ほどなのに対し、Plusは200ドル(約2万1000円)と倍になるようだ。「少しくらい高くても快適に過ごしたい」という人にはうってつけのサービスだろう。

ちなみにホスト側として認証を受けるには、149ドル(約1万6000円)を払って申し込むと、認証チェックをするスタッフとカメラマンが送られてくる。

Plusサイトを見ると、確かに快適そうな物件が並び、「こんな部屋で過ごしてみたい」と思わせるものばかり。次の旅行に使わない手はないかも?

Airbnb Plus

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。