体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTubeアプリで動画をアップロードする際に動画サイズを下げる方法

動画を 4K で撮影できる機種がけっこう増えてきたので、Android ユーザーさんの中には動画はいつも 4K で撮影するという方は少なくないと思います。
しかし YouTube 経由で動画をシェアする時にはアップロードに相当の時間がかかります(長さにもよりますが)。
そこで今回は YouTube アプリで動画をアップロードする際に自動的にサイズを下げる方法をご紹介します。
YouTube のアプリにはアップロード設定に動画サイズを 360p / 480p / 720p / 1080p / オリジナルの中から選択できる機能があります。
事前に設定を変更しておくと、アプリ経由でのアップロード時に動画サイズを指定できるのです。
大抵は 720p か 1080p が選択されると思います。
この設定はアプリの「設定」→「全般」→「アップロードの品質」にありますので、動画サイズを下げてアップロードしたい方は設定しておくと良いでしょう。
また、撮影した 4K 動画をそのままのサイズでシェアしたいという方は、「オリジナル」を選択します。

■関連記事
スマホ動画が超スムーズになる電動スタビライザー「Zhiyun Smooth-Q」のレビュー
Google、Android向けの新しい決済・ウォレットサービス「Google Pay」を開始
小型かつ軽量で豊富なマウントも付属する「DBPOWER 4Kアクションカメラ」のレビュー

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。