体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小型かつ軽量で豊富なマウントも付属する「DBPOWER 4Kアクションカメラ」のレビュー

小型かつ軽量、そして豊富なマウントが付属する DBPOWER ブランドの 4K 対応アクションカメラのレビューをお送りします。
DBPOWER 4K アクションカメラは GoPro のような見た目の 4K 対応モデルで、Amazon.co.jp では 6,999 円とかなりのお手頃価格で販売されています。
さらに当ブログの読者様には限定で 800 円引きとなる Amazon クーポンがございます。
クーポンコードは「A3DW4XB8」で、有効期限は 2018 年 4 月 30 日までです。
■ DBPOWER 4K アクションカメラURL : https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y5ZXSYS ※アフィリリンクではありませんのでご安心ください。
外見は GoPro っぽいデザインですが、GoPro よりも軽いため、ウェアラブルカメラとして使用しても大して重さは感じません。
そういう使い方に向いているアクションカメラと言えます。
1 万円を切る安い製品なので、ボディはけっこうチープな印象を受けます。
またソフトウェアレベルでのスタビライズ機能、カメラパラメータの調節機能、タイムラプス動画やスローモーション動画といった特殊な撮影機能もありません。
それでも 4K@25fps だけでなく、2,7K@30fps や 1080p@60fps の動画撮影、写真撮影、連写、連続撮影、日付・日時の合成、画面の 180 度回転、録音の有無などを設定できる機能をサポートしており、普段使いのデジタルカメラとしても使えそうです。
映像のスタビライズ機能が付いていないので、手持ちあるいはウェアラブルで撮影した場合に映像はけっこうブレますが、映像は鮮明かつ発色が良いので、画質そのものは意外と良いものでした。
写真は最大 4,000 x 3,000 ぴくせるの 1,200 万画素で撮影できます。
DBPOWER 4K アクションカメラは、アクションカメラとして GoPro のようなハイエンドモデルに代わるものに相応しいとは思いませんが、リーズナブルな価格なのに画質は十分なレベルですので、ドライブレコーダー代わり、ホームビデオ、スポーツやダンス等でのフォームチェック、動画メモ用など、様々な用途に使用するカメラとしては十分にその役割を果たしてくれると思います。
価格や画質以外の部分でこの製品の魅力を挙げるとすれば、1,050mAh のバッテリーが 2 個も付属しているところ、専用リモートシャッターや買ってすぐに使い始められるよう豊富なマウントが付属しているところです。
また、Wi-Fi 機能を有しており、スマートフォンアプリ「iSmart DV」でリモート撮影、写真・動画のチェック、カメラの設定変更も行えます。
リモートシャッターはカメラやスマートフォンに触れることなく、写真の撮影や録画開始・終了を操作できるので、カメラを遠くに置いている場合、手袋している場合、自撮りには非常に役立ちます。
最初からペアリングされているので設定作業は必要ありません。
ただ、DBPOWER 4K アクションカメラに録画停止時の音が無いため、録画を終了できたのかどうかが確認しづらいので困っています。
GoPro のように音で分かるようになっていればもっと使いやすかったはずです。
このアクションカメラの何気に凄いところはカメラやマウントの収納に大きめのハードケースが使用されているところです。
携帯性を意識しているだけでなく、付属のマニュアルは日本語表記となっており、日本人フレンドリーな製品だとも言えます。
実はこのケース、Mavic Air の機体、送信機、バッテリー 1 本を収納するのにジャストフィットなサイズだったんです(中蓋が機体と干渉しますが、これはクッション素材なので、チャックはちゃんと閉まります)。
パッケージに同梱しているマウントは、自撮りスティック、30m 防水ハウジング、ハンドルバーマウント、3 脚用フレーム、クリップマウント、三脚マウント、ストラップ用マウント、数種類のベースマウントになります。
定番マウントは一通り揃っていますが、ハーネス系はほとんど入っておらず、使用用途によっては追加でマウントを調達する必要があります。
私は頻繁にアクションカメラを帽子や頭部に固定して映像を撮影しているのですが、DBPOWER 4K アクションカメラは GoPro よりもはるかに軽く、帽子やカメラが自重で下がってくることが比較的少なく、とても重宝しています。
また水中ハウジングが付属するのも良い点ですね。
水泳やダイビングで水中撮影をするには専用の機材が必要になってきますが、このアクションカメラには 30m 防水ハウジングが付属してくるので調達費用を安く抑えられます。
ただ水中ハウジングを使用すると、音が入りにくくなるので陸上での撮影には不向きです。
実は DBPOWER 4K アクションカメラは OEM 品なので、他のショップからも販売されています。
その中でも今回の製品は側面のボタンが丸型となっており、ボリュームボタンタイプの他社製品よりもボタンが押しやすいかったです。

■関連記事
LG G7ではないLGの次期フラッグシップ“Judy”は6月に発表か?
Xperia HomeがAndroid Oreoの通知表示に対応
360カメラの活用シーン「航空祭」で高解像度モデルの必要性を実感

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy