体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

体のアザ、タトゥーなどをカバーする専用ファンデ『SC ボディカバーファンデ』の実力は!?

ファンデーションといえば「顔に使うもの」と思いがち。だが『SCボディカバーファンデ』シリーズは、体にあるアザや傷跡などの悩みをカバーするためのアイテム。市販のファンデやコンシーラーでは対応しきれない肌色もカバーでき衣服につきづらいと噂のボディ用ファンデだ。

 

顔用のカバー力は折り紙付き!ボディ用はいかに…?

『SCボディカバーファンデ』(各40g・税込 各3,456円)を手掛けるのは「化粧品でお肌の悩みを軽減できたら」と、カバーメイク用化粧品を開発・販売するマーシュ・フィールド。今回検証するのはボディ用ファンデだが、もちろん顔用のアイテムも豊富で、すでにその実力は検証済みである。

「『SCクリームファンデI/N』で、気になるホクロ&ブツブツはカバーできるか検証してみた!」

SCボディカバーファンデ』がカバーできるのは、首や腕、脚などのボディのあざ、白斑、傷痕、色素沈着、ホクロ、妊娠線、タトゥーなど。汗・水・皮脂に強いウォータープルーフで、さらに衣服のこすれにも強いというから、ファンデを塗ったままで外出やアウトドアも可能。

カラーは、ライトベージュ(01)、ナチュラルオークル(02)、ミディアムオークル(03)、ダークオークル(04)の全4種。そこに、白または赤みのある色に調整することができる2種類の『SCボディカバーファンデ B』が加わる。まずは自分の肌に近い色を探すことが大切で、初めての人は公式サイトから全6点がセットになった無料サンプル(送料648円)を取り寄せることもできる。

4色の『SCボディカバーファンデ』と、2色の『SCボディカバーファンデB』がセットになったサンプル

 

使い方は簡単!自分の肌に合わせたカラーチョイスを

さっそく肌の気になる部分の周辺にファンデをのせ、自分に合ったカラーを選んでいく。4色の肌色のみで色が合わない場合は『SC ボディカバーファンデB』(各7g・税込 各2,700円)を混ぜて調整することもできる。

調整用の“足し色”ミニチューブで、ホワイト(10)レッド(20)の2種がある。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。