体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白菜、キャベツの鍋レシピ3選!鍋ひとつで簡単&野菜不足も解消

白菜、キャベツの鍋レシピ3選!鍋ひとつで簡単&野菜不足も解消

寒い季節はサラダやおひたしといった冷たい野菜のおかずを避けてしまい、野菜摂取の手段も少なくなりがち。そこで今回は、簡単にできて食べれば体も温まる、野菜の調理アイデアをご紹介します。

チンしてそのままテーブルへ!簡単温野菜鍋

チンしてそのまま食卓へ!ドレッシングで食べる「ホットサラダ」

●ドレッシングで食べる「ホットサラダ」

手軽に野菜を摂るのに便利なのが、蒸し野菜や茹で野菜です。メインディッシュの付け合せや、できたてをドレッシングやディップで食べる「ホットサラダ」もおすすめ。上の写真のような、器にもなる耐熱容器を使って電子レンジで加熱すれば、蒸し器を水洗いする手間も減らせます。いくつかの野菜を彩りよく盛り合わせ、できあがりを器のまま食卓にのせて、温かいうちにいただきましょう。

使う野菜は、あくの少ないものを選びましょう。かぶ、チンゲン菜(小松菜)、菜の花、スナップえんどう、にんじん、生椎茸、しめじなどがおすすめ。複数の食材をまとめて一緒に加熱するので、仕上がりのタイミングがそろうように切り方を工夫しましょう。

均等に仕上がるように、切り方を分ける

ホットサラダの材料は、均等に仕上がるように、切り方を分ける

かぶ:皮をむき、茎を少し残して3、4等分

チンゲン菜:葉と茎に分け、茎は縦に3等分

菜の花:茎の硬い部分を切り落とす

スナップえんどう:筋を取る

にんじん:皮をむき、2~3mmの斜め薄切り

生椎茸:石づきを切り落とし2等分

しめじ:石づきを切り落とし小房に分ける

きのこ以外の野菜はさっと水にくぐらせてから加熱すると、食感よく仕上がります。   

材料を入れて、フタをして待つだけ!簡単蒸し煮鍋

材料を入れてフタをして待つだけ!白菜とベーコンの「蒸し煮鍋」

●白菜とベーコンの「蒸し煮鍋」

葉野菜は加熱するとかさが減り、食べやすくなるのがメリット。たくさん食べたいときは、コクのある食材を組み合わせて、手間なしの「蒸し煮」にしましょう。鍋に白菜とベーコンを入れて軽く炒め、水、固形スープの素(あればローリエ)を加えて弱火で蒸し煮にすれば、うまみたっぷりの煮汁ごと食べられます。

材料を入れてフタをして待つだけ!キャベツとサバの「サッと煮鍋」

●キャベツとサバの「サッと煮鍋」

蒸し煮には、家庭にストックしてある缶詰も活躍します。おすすめは、キャベツとサバ缶の「サッと煮」。ざく切りにしたキャベツにミニトマトとサバ缶(味噌煮)を煮汁ごと加えて火にかけ、酒とコショウで軽く調味します。煮立ったらフタをして、10分ほど煮ればできあがり。お好みでショウガやラー油、一味唐辛子などを加えると、ご飯やお酒がますます進みます。

1 2次のページ
VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy