体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャーシュー&味玉マシマシのスペシャル“どん二郎”が食べられた! 発案者ノジーマがレクチャー『B級フード研究会』レポート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日清の『どん兵衛』にもやしなどを盛り付けて二郎風にするという『どん二郎』の発案者でもあるガジェット通信のノジーマ記者が刊行した『世界一美味しい「どん二郎」の作り方 ~誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ~』(宝島社)。これを記念して、2018年2月3日にガジェット通信フロアにて『B級フード研究会』を開催。ノジーマ記者をはじめ、『どん二郎』本の担当編集者の九内俊彦さん、タレントの森あんなさんを迎えて、来場者と一緒にB級フード・ドリンクを楽しむという会になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「やるからには最高のイベントにする!」と意気込むノジーマ記者。開演の数時間前には会場入りして仕込みに余念がありませんでした。

さらには助っ人としてガジェット通信スタッフでもあり、投げ銭イベント『鬼丸食堂』を主宰する鬼丸美穂さんを召喚。これでスペシャルな『どん二郎』が食べられる体制が整いました。

※参考記事 「値段は決まっていません!」満足した分だけ支払う実験的試み『鬼丸食堂』ってどんなお店?
http://getnews.jp/archives/387490 [リンク]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お通し的な存在として用意されたのは、うまい棒に九州の醤油をつけてトースターで焼くという『焼きうまい棒』。「スナック菓子の粉っぽさが苦手」という九内さんも「これならイケる」と太鼓判を押す一品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もう一つ、ノジーマ記者が「これはぜひ食べてもらいたい!」という『ピザまんピザ』。こちらもピザまんを潰した上にチーズを乗せてトースターで焼くというだけのカンタンさですが、チーズが増した分だけおトク感があるのが不思議です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、肝心の『どん二郎』。実際にあんなさんが作るのをノジーマ記者がレクチャー。いかにもやしを持って、刻みニンニクなどを自分好みにトッピングしていくのかが大事なようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このイベントでは、『鬼丸食堂』謹製のチャーシューと味玉もトッピングすることができました。どちらも時間をかけて寝かせた醤油が沁みていたので、来場者も大満足の美味しさでした。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会