体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

強盗に襲われたお人好しのタクシー運転手が取った行動とは!? 人情味あふれるエピソードに「優しすぎ」と反応集まる

taxi_driver_untensyu3

2月12日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)にて、「世界一怖くない強盗に襲われた世界一優しいタクシー運転手。」が紹介され、そのエピソードに反響が集まっています。

番組に登場したのは、兵庫県明石市でタクシー運転手をしているフジワラさん。2017年3月、終電後のJR西明石駅前で客待ちをしていると、お疲れ気味の青年がタクシーに乗車します。目的地は西明石駅から1時間ほどかかる姫路で、フジワラさんは上客だと思ったそう。夜中の1時頃、姫路市内のとあるマンションに到着。清算をしようとしていたところ、青年にいきなり髪の毛をつかまれ、金銭を要求されます。フジワラさんは勇敢に言葉で抵抗しますが、それでも引かない青年は、フジワラさんの顔の横に“毛抜き”を突き付けたそうです。

フジワラさんが毅然とした態度で「お前、これが悪い事だってわかるよな?」と青年を諭し続けると、青年は謝罪し、身の上を語りはじめました。青年は震災で被災し、天涯孤独になって自暴自棄になり、犯罪を犯して刑務所へ。そして、出所後に入った更生保護施設を抜け出してきたとのこと。

それを聞いたフジワラさんは、青年をなんとかしてやりたいと思い、保護施設が開く朝8時まで暖がとれる漫画喫茶へ向かいます。しかし会員証をつくるのに身分証が必要で、保護施設を抜け出した青年は入店できません。やむを得ず漫画喫茶を立ち去り、コンビニでタバコを買ってあげたそうです。その後、飲まず食わずで空腹だった青年をファミレスへ連れて行くと、フジワラさんは何も頼まず、青年に好きな物をご馳走。食事代だけ支払い、その場を後にしました。
 
この人情味あふれるエピソードに、ネット上では「優しすぎ」「あかん甘やかし過ぎや」「お人よし過ぎる…」「人情のフーさん」といった反応が集まっていました。

しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。