体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

旅行に出た時の非日常的な光景は、思わずシャッターを切りたくなるもの。とある旅するフォトグラファーに、彼が世界中で撮影した「お気に入りの写真たち」を教えてもらいました。

元・画家志望のフォトグラファー

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

その旅するフォトグラファーとは、トルコの写真家Cuma Cevik氏。元々は油絵に興味があったそうですが、アート系学校の学費が高すぎると知り、代わりに社会科の先生になるコースを選択したのだとか。そして大学時代、創造的な欲求を満たすために写真を撮り始めたのです。卒業後は、写真撮影のためのロケーションを探しに世界を旅し始めたそう。

独学にも関わらず、まるで絵本の中の1ページのように美しいCevik氏の写真たち。ぜひTABIZINE読者のみなさまに紹介したいのですが、彼の膨大な画像はすべて美しく、筆者はとてもその中から数枚を選ぶことができませんでした。そこでCevik氏にお願いし、撮影したCevik氏ご本人の「お気に入りの画像たち」を教えていただきました。

珠玉の写真たちを、エリア別にご紹介したいと思います。

トルコ

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

まずは、Cevik氏の母国であるトルコの写真からご紹介します。奇岩群で有名なカッパドキアの雄大な写真たちです。気球での空中散歩はカッパドキアの有名なアクティビティですが、気球が空を埋め尽くす様子も圧巻ですね。ちなみにこの記事の冒頭の画像は、カッパドキアの夜の様子。満月の光に奇岩群が照らされている幻想的な画像です。

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

そしてこちらは、トルコのカイセリで撮影された一枚。トルコで4番目に高い山エルジェス山と馬の群れをとらえています。不思議と、動かないはずの山のほうに躍動感を覚えませんか?

イタリア・スイス

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

そして、場所を南欧に移しましょう。こちらは、豊かな自然で名高いイタリアのトスカーナ州の光景。空のグラデーションと、淡く光る草原のバランスが絶妙です。

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

そして同じくイタリアから、北部のドロミーティでの一枚。光に溶け込む山が幻想的ですね。

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

イタリアの隣国スイスでも、Cevik氏は美しい自然をとらえています。丘の頂上に佇む2本の木。つかず離れず、おしゃべりしているようにも見えます。

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
(c)Cuma Cevik

そしてこちらは、ドイツの文豪ゲーテも住んでいたスイスのラウターブルンネン。この道の先には何が待っているのでしょう。物語が始まりそうな風景です。

次はその他の欧州諸国、中東、アジアの風景です。

まるで絵本!トルコのフォトグラファーが魅せる世界の横顔
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。