体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人喰い人魚姉妹の初恋ミュージカル『ゆれる人魚』監督インタビュー 「“ホラー”は人間の深層にある感覚に触れるための有効な手段」[ホラー通信]

ポーランドの新鋭女性監督、アグニェシュカ・スモチンスカが手がけた『ゆれる人魚』が2/10よりいよいよ日本公開。ワルシャワのナイトクラブを舞台に、美しい“人喰い”人魚姉妹の初恋を描くホラーミュージカル……そんな想像のつかない触れ込みと、美しい上半身と強烈な下半身を持つ人魚のビジュアルが興味をひき、SNSで話題騒然となった。

主人公は人魚の姉妹、シルバー(姉)とゴールデン(妹)。物語はアンデルセンの童話『人魚姫』に近く、陸に上がって人間の男性に恋したシルバーが、自分も人間になりたいと願う初恋の物語だ。しかし、人魚のキャラクターは神話に登場するセイレーンがヒントになっており、美しい歌声で人を惹き寄せ、襲って食べてしまうという、いわば人魚のダークサイドの性質を持っている。恋に浮かれるシルバーに対し、妹のゴールデンは不安を感じている。そんな姉妹の衝突が、血なまぐさい事態を引き起こしてしまう――。

そんな今作を手掛けたアグニェシュカ監督が来日、インタビューを行うことができた。パンチのある作品からは想像もつかないほど穏やかで物腰の柔らかい監督が、「ホラーが苦手だった」という意外な話や、手術シーンに込めた想いなど、様々なお話を語ってくれた。映画の予習にも、公開後の復習にも是非どうぞ。

アグニェシュカ・スモチンスカ監督インタビュー

――このインタビューは『ホラー通信』というホラー映画の媒体に掲載されます。

アグニェシュカ・スモチンスカ監督:ワーオ!(笑) 日本に行くにあたって、友人たちに「日本へ行くの? 日本の人はホラー好きだよ、よかったねえ!」と言われましたよ(笑)。

――(笑)。『ゆれる人魚』には初恋のドラマやミュージカルなど、色んな要素がミックスされていますが、やはり人魚が人間を食べるといったホラー的な要素は存在感を放っていますよね。監督はもともとホラー映画がお好きだったんでしょうか?

監督:実はもともとそうではなくて、この映画を撮っていくうちに好きになったんです。ホラーっぽいものはむしろ苦手で、ホラー映画は『シャイニング』と『エクソシスト』くらいしか観たことがありませんでした。でも、ホラーというジャンルはすごく興味深いものだと気付きました。古典や古(いにしえ)のものに、ホラーだからこそ触れられるというか。深層に潜り込んで表現できるな、ということを感じています。作っていると、作り手としてすごく発見があるジャンルなんです。

――まさかホラーが苦手だったとは思いませんでした。映画本編の中では結構容赦ないホラー描写もありますが、演出は難しくなかったのでしょうか。

監督:ホラー映画をあまり観てこなかったから、正直どうやって撮っていいかまったく分からなかったんです。でも人魚という題材を描くときに、その美しさや優美さだけではなくて、彼らのダークサイドも含めて、真実に迫らなければと思ったんです。そこで、ホラー描写に直結する表現が必要になってきた。で、撮り終えてからホラー好きの友人に「どう? ホラー映画になってる?」と聞いたら「大丈夫、アグニェシュカ。ホラー映画になってるよ!」と言われて安心しました(笑)。ホラー映画を観るのは怖いんだけれど、撮るのは大好きだなと気付きましたね。

――今後ホラー作品を撮っていく可能性も?

監督:日本で撮れれば嬉しいかな(笑)。ポーランドって、その映画史においてもホラー映画が2本しかないような国なんですよ。そうなると観客も観に行きませんから、ホラー作品で予算を集めることって難しいんです。

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。