体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カカオを練り込んだ麺を鶏白湯スープ+豆乳クリームでいただく『チョコ担々麺』

img_1960

『麺や庄の』、『二丁目つけめんGACHI』など有名ラーメン店を手がけ、ラーメンクリエイターとしても知られる庄野智治さんが、今年もバレンタインデーに向けて新たなラーメンを発表しました。

今年はなんと『チョコ担々麺』!

今年で11年目となる“チョコ麺企画”に登場したこのラーメン、一体どんな内容なのでしょうか。

スープは鶏白湯、麺にカカオを練り込む

この『チョコ担々麺』、ベースには丸鶏をたっぷり使用した鶏白湯スープに豆乳クリームを合わせています。

そこにカカオを練りこんで香ばしく仕上げた“チョコ麺”!

img_1966-2

具材には自家製ジンジャーチョコ、ケールチップ、肉みそ、枝豆、ピーナッツ、メンマ、干しエビ、ねぎ、胡椒、山椒、自家製辣油が使用されています。

これまでも数々のオリジナルラーメンを手がけ、なおかつ高い評価を得ている庄野さんですが『チョコ担々麺』の開発には手がかかった模様。

img_1958

「メニュー開発で苦労した点・こだわりのポイント」として次のように語りました。

麺にカカオの風味が出すぎると他の食材と喧嘩してしまい、弱すぎると物足りなく感じますので、麺にカカオを入れる割合を決めるのに苦労しました。また、自家製のジンジャーチョコは、鶏白湯スープ、具材、辛味にマッチするよう、何回も試作を繰り返し、こだわりました。

img_1959

期間限定『チョコ担々麺』の提供店舗は
麺や庄の(新宿区市谷)
二丁目つけめんGACHI(新宿区新宿)
麺や庄のgotsubo(新宿区新宿)
油そば専門店GACHI(新宿区曙橋)
MENSHO TOKYO(文京区春日)
MENSHO (文京区音羽)
箸とレンゲ(杉並区阿佐ヶ谷)
など、MENCHOグループ全店が対象。

2018年2月5日から、2月14日まで990円で提供中です。
※昼夜各10杯、1日20杯限定

庄野さんコメント:「毎年楽しみにしてくれている常連様にはもちろんですが、バレンタイン企画ですし、チョコを贈る代わりに、一緒にチョコ担々麺を食べに来てもらえたら嬉しいです!」

おそらく今だけ ―― いや、一生に一度しか食べることのできないであろう『チョコ担々麺』、レア度としては申し分ない一品です。

“食の好奇心”を必ずや満たしてくれるであろうこのラーメン、おひとりでもカップルでも是非、お試しあれ。

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。