体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミニストップであの名店の味が食べられる! 人気つけめん店『つけめん玉』監修第2弾となる新作が登場!!

img_148757_1

今月のミニストップでは、人気つけめん店『つけめん玉』監修による新作が計9品登場します。早速紹介していきましょう。

img_148757_2

人気つけめん店『つけめん玉』監修作、待望の第2弾! 2017年6月に実施した第1弾では、「つけめん」や「醤油ラーメン」を冷し麺にアレンジした品々が好評でした。第2弾ではより寒さの増す季節に向け、“あたためておいしい”新作を発売となります。

まず、『つけめん玉監修 バラそば(塩とんこつラーメン)』は、『つけめん玉』の系列店舗『バラそば屋』の看板商品を再現したラーメンです。大ぶりなネギと薄切りのチャーシュー、メンマのシンプルなトッピングに、豚骨ベースのあっさりスープは最後まで飲み干せるおいしさ。

img_148757_3

『つけめん玉監修 あつもり魚介豚骨つけめん』は、『つけめん玉』の看板商品を再現したつけめん。スープは豚骨をベースにし、カツオ、煮干をブレンドしたダブルスープ。濃厚ながら飽きが来ない味わいです。

img_148757_4

野菜・鶏肉などを盛り込んだ具沢山の鶏白湯スープ『つけめん玉監修 生姜鶏白湯スープ』は、生姜の香りで味が引き立つ、寒い季節におすすめの一品。

img_148757_5

『つけめん玉監修 玉の黒やきめし』は、焦がし醤油とカツオの香り豊かなブラック炒飯です。にんにくの風味を効かせてパンチのある味付けに仕上げています。

img_148757_6

『つけめん玉監修 二種類のねぎ焼豚飯』は、玉ねぎと刻んだメンマを混ぜ込んだチャーシューと、大きくカットした炙りチャーシューを楽しめます。トッピングのメンマとガリがアクセント。

img_148757_7

『つけめん玉監修 こだわりのたれかつ丼』は、食感の良いひとくち豚かつにカツオの風味豊かな甘辛いソースをたっぷり染み込ませた、出汁感のあるかつ丼です。

img_148757_8

ご飯、中具、トッピング全てに肉を使用した肉づくしのおにぎり『つけめん玉監修 肉好きのための肉づくしむすび』。ブラックペッパーの香りが食欲をそそります。

img_148757_9

濃厚な味噌ラーメンを焼きおにぎりに仕立てた『つけめん玉監修 濃厚味噌焼おにぎり』。中央には青ネギ、にんにく、豚ミンチをトッピングしています。

img_148757_10

『つけめん玉監修 だし醤油の焼豚巻』は、ラーメン店でおなじみの焼豚とメンマを具材にした、魚介出汁のきいた醤油の風味と焼豚が絶妙な手巻き寿司です。

『つけめん玉』の店主、玉川正視氏が「コンビニにあって欲しい」をテーマに監修を行い、完成した味をぜひこの機会に味わってみてはいかがでしょうか。

■製品概要
つけめん玉監修 バラそば(塩とんこつラーメン)
価格:税込498円
つけめん玉監修 あつもり魚介豚骨つけめん
価格:税込498円
つけめん玉監修 生姜鶏白湯スープ
価格:税込398円
つけめん玉監修 玉の黒やきめし
価格:税込398円
つけめん玉監修 二種類のねぎ焼豚飯
価格:税込380円
つけめん玉監修 こだわりのたれかつ丼
価格:税込498円
つけめん玉監修 肉好きのための肉づくしむすび
価格:税込160円
つけめん玉監修 濃厚味噌焼おにぎり
価格:税込150円
つけめん玉監修 だし醤油の焼豚巻
価格:税込168円
発売日:2018年2月6日(火)

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。