体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「映画はカメラの前で人間が演じるもの」!? ベスト&ワーストから“アニメ”を除外した映画ランキングに「納得いかない」と反応集まる

img_9816

映画雑誌『映画芸術』にて「2017年日本映画ベストテン&ワーストテン」が発表された。昨年のベストテンではアニメーション映画『この世界の片隅に』が1位となった同ランキングだが、今回の選出からアニメーション作品は対象外とされたことが話題となっている。

同誌にて、アニメを選考の対象外にした理由を映画監督・評論家の稲川方人氏は次のように明かした。

単純に、映画はカメラの前で人間が演じるものだと思っているからです。デジタルのアニメはカメラがないわけです。

これが火種となりネット上では「この選出方法は納得いかなすぎる」「アニメーションも映画だろ!」「映像ってなんだと考えればアニメを蔑視することはできないはず」「アニメ映画の躍進に対する焦りみたいに感じるなぁ~」などの反応が続出。

一方で、「否定する必要はないですが、カテゴリとして分けるべきとは思う派です」「『アニメは映画じゃない派』の人もいるし、『初音ミクは歌じゃない派』の人もいるし、それはそれでいいんじゃないのという気はする」といった意見も寄せられていた。

しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。