体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人工クモの糸「Qmonos」を使ったGOLDWINのスキージャケットが登場

人工クモの糸を使ったスキージャケットが近い将来、発売されるかもしれない。

スポーツアパレルメーカーのGOLDWIN(本社・東京)は、Spiber(本社・山形)が開発した新タンパク質素材「Qmonos」を生地に使ったスキージャケットを公開した。

軽くて丈夫、しかも石油などに頼らない自然に優しいジャケットだ。

・持続可能な素材

このほど米国・デンバーで開かれた世界最大級のウィンタースポーツ展示会にプロトタイプを参考出品した。

人工クモの糸は、産業・工業に変革をもたらす画期的な素材として注目されている。というのも、人工合成タンパク質を材料として作られていて、持続可能な素材だからだ。

ご存知かと思うが、衣類には石油が使われているが、石油はいつかなくなるもの。それに取って代わると期待されている。

・幅広い工業用素材に

Qmonos はSpiberが独自に開発した、世界が注目する技術。軽量なのに、鉄鋼などよりも丈夫で、アパレルだけでなく幅広い工業用素材として大注目されている。

すでに、GOLDWINが日本国内で展開するブランド「The North Face」でもQmonos を採用したアウタージャケットのプロトタイプ「MOON PARKA」をつくっている。

スキージャケット、アウタージャケットのいずれも実用化に向け現在、両社で品質検証や改良を重ねているとのこと。発売されるとなれば、大きな話題を呼ぶこと間違いなしだろう。

GOLDWIN

Spiber

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。