体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロボットや子猫など5種類のモデルを作って操作 ブロック+プログラミングで遊べる『レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス』が2月1日発売へ

ロボットや子猫など5種類のモデルを作って操作 ブロック+プログラミングで遊べる『レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス』が2月1日発売へ

レゴジャパンは1月25日、『レゴ』ブロックのビルディングとプログラミングを組み合わせて遊べる『レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス』の発表会を開催しました。

legoboost2 legoboost3

『レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス』は、チルトセンサー、カラーセンサー、距離センサーといったセンサー類やモーターを内蔵するブロックから構成し、5種類の動くモデルが作れるキット。タブレットやスマートフォンに専用アプリをインストールして、モデルを操作するプログラミングができるのが特徴です。

legoboost4

レゴのプログラミング製品は1998年に第1弾製品が発売され、現在では小学生向けの『レゴ WeDo 2.0』、中学生以上向けの『マインドストーム EV3』などプログラミング教材として採用されている製品もありますが、『レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス』は「より遊びに近い形でまとめられた製品」(レゴジャパン マーケティング部 シニアマーケティングマネージャーの池畠祐里氏)とのこと。子供たちが遊びの中でプログラミングに触れ、自主的に遊べるように設計されています。

『レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス』で作成できるモデルは次の通り。

・ロボットのバーニー

legoboost5

歌ったり、ダンスをしたり、会話を楽しめるロボット型のモデル。日本語も話すことが可能。

・子猫のフランキー

legoboost6

ペット体験ができる子猫型のロボット。背中をなでるとゴロゴロのどを鳴らしたり、魚の骨を欲しがるなど、猫の習性を再現しています。

・ギター4000

legoboost7

楽器として遊べるモデル。フレットの色を認識して音を出したり、ドラム、パーカッションの音声と組み合わせて本格的な楽曲制作が可能。

・ブースト車

legoboost8

ハンマーやダーツシュートなどの仕掛を搭載する車型のモデル。ラジコンのように操作することも可能。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会