体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「無駄にワクワクしている」 インパクトの瞬間にアームが動く機械式の斧が凄い! 

最新作が公開されたばかりの『モンスターハンターシリーズ』や、人気RPG『ドラゴンクエストシリーズ』などでも、強力な武器としてすっかり定着している斧。攻撃力の強い斧ほど大きく重たそうなビジュアルになっていくのが一般的ですが、そんな斧のイメージを大きく覆す商品が発見され、注目を集めています。

インパクトの瞬間にアームが動く機械式の斧

その斧は薪を割るために使用される斧なのですが、なんと機械式になっていて、インパクトの瞬間にアームが動作し、パワーを増幅させるというのです。


「chopper1」という、薪を割りやすくする為にインパクトの瞬間左右にアームを展開するスプリッターレバーを搭載した『機械式の斧』が存在する事を知って、無駄にワクワクしている。

https://twitter.com/Shizzko_Takio/status/956776974852046848

動画でその威力を確認できる!

この斧の商品名は『chopper1』というそうで、『YouTube』には『chopper1』を使用して薪を割る動画が公開されていました。

動画を見てみると、確かにインパクトの瞬間にアームが動作し、割れた薪を左右に押し広げています。薪をきれいに割るサポートが機械的に行われているなんて、なんだか凄いぞ……!!

力を入れなくても毎回会心の一撃が出るイメージ

斧は良くも悪くも、力任せの無骨な道具というイメージが強いかと思いますが、この『chopper1』はそんな斧の常識を大きく覆したと言えるでしょう。力任せじゃなくても、斧自体が大きく重くなくても、機械を装着させることによって会心の一撃を毎回ヒットさせられるようになったのです。

斧と機械という対極にありそうな物の融合によって生まれた製品。これは確かに無駄にワクワクしてしまいますよね。現実世界で機械式の斧が定着し始めたら、もしかするとゲームの世界にも新ジャンルの斧が登場してくるかもしれません。

※画像は『Twitter』『YouTube』より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ピータン) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会