体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

img_8520

文豪・谷崎潤一郎の短編作品を映画化する「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」の第1作目『神と人との間』が1月27日より公開となります。

『神と人との間』は、谷崎潤一郎自身の大スキャンダルである、親友に自分の妻を譲った“細君譲渡事件”をベースにした、愛の物語。俳優・戸次重幸さんと渋川清彦さんがダブル主演を務めています。

戸次さんが演じるのは、一人の女を親友と奪い合い、親友からその女を譲り受けて結婚するものの、結婚直後から浮気を繰り返し、終いには親友に妻と不倫をするようにけしかける……という常人では考えられない行動を繰り返す、漫画家の添田。渋川さん演じる親友の穂積を翻弄し続けます。「全く共感出来ないキャラクター」だからこその演じる楽しさとは? 戸次さんに色々とお話を伺ってきました。

神と人との間

――映画拝見しまして、驚く様な愛の形が描かれていて共感とかは全く出来ないのに、すごく引き込まれました。

戸次:本当にすごいお話ですよね。それが実話を基にしているというのもさらに驚きで。谷崎潤一郎、と聞くと僕もそうですが、学校で習ったというイメージが強いと思うのですが、この話はね、教科書には載せられないですよね(笑)。

――戸次さんが演じたのは、その中で最も強烈なキャラクター添田です。

戸次:最初に脚本を読んだ時は、「俺が添田か」と思いましたね。穂積役の渋川さんは、内田監督の『下衆の愛』もそうですが、個性的だったり悪い役を演じてらっしゃるので、一般的なイメージでいったら、渋川さんが添田で僕が穂積だと思うんです。でも今回は逆で。そこが面白いですよね。内田監督も「本人とは逆のキャラクターを」とおっしゃっていましたが、添田と自分との共通点って全く無いので、だからこそ演じるやりがいがありました。

――添田って悪い人なんですけど、自分の事を全く悪いと思っていないというか、良い事と思ってやっているきらいがあるというか……。すごいキャラクターですよね。

戸次:ひどいですよね。なぜそんな事をするのか?考えられない。僕はこれまで色々な作品で殺人犯役を演じさせてもらいましたが、殺人はもちろんダメな事だけれども、それぞれ殺人に至るまでの理由ってあるじゃないですか。快楽の為に人を殺すという役であったとしても、行動理由は一応ある。でも添田は自分の利益の為や楽しさの為にやっているわけでも無いと思うし、それをしてどうするんだ?! という、理解できない行動の数々で。想像力をフルに働かせながら演じました。

――監督からはこう演じて欲しい、というオーダーはありましたか?

戸次:現場で細かな事を言われる事はありますが、特別に何か言われる事は無かったです。内田監督は僕の作品をご覧になってキャスティングしてくださったので、戸次なら添田を演じられるだろうと感じてくださったのだと思います。自分なりに演じました。

神と人との間

――ヴィジュアルも、見た事の無い戸次さんですよね。

戸次:リーゼントですからね! リーゼント(笑)。ポスター等のイメージで、「これは昔の設定なのかな?」と思う方も多いと思いますが、現代というのも面白いです。渋川さんもズボン“イン”していますから。この独特の世界観は、なかなか今の日本映画に無いと思うのでご注目ください。

――共演の渋川さんの印象を教えていただけますか?

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy