体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宝くじの悲劇!? 「年末ジャンボ1億円当選男」最悪の顛末 – 第1回 –

サマージャンボ宝くじやドリームジャンボ、年末ジャンボなど億万長者を夢見て、宝くじを買い漁る人間たちが毎度宝くじ売り場に長蛇の列をつくる――。

しかしながらバカにしてはいけない。確率は低いにしても、1千万円以上の高額当選者というのは、年間で3千本、計算してみると1日に8名もの小金持ちが誕生しているということだ。

一般人にしてみれば、せいぜい当たって1万円。それ以上の当選は遠い親戚の中に1人くらいいるか、いないかだと思う。

数年前、私が裏社会ライターとして走り回っていたころ、紹介を受けた闇金融業者のA氏から興味深い話を聞いた。

「ウチの客の中にサマージャンボで1億円当選した奴がいるよ。でもわからんもんで、今では借金まみれでしぼられて、もう汗の一粒も出ない状態だよ」

な、なんと! サマージャンボで1億円も当てたのに今では借金大王とはこれいかに! ありえない話だろう、そんなこと。御大層な一軒家を建てたとしてもお釣りはくるし、残りの金で贅沢しながらリッチなサラリーマンとして、悠々自適な生活ができるじゃないか!

「ウチラの世界に堕ちてくる連中ってのは、まぁちょっとおかしな奴が多い。大金掴んで狂っちゃったんだろな」
「そうですか…」
「おう、ちょっと会ってそいつの記事でも書いてみるか?」

4年前の大阪曽根崎町の中華屋。私は高額当選して人生を狂わせた50がらみの男と会うことにあいなった。

やってきたのは平凡すぎるオヤジだった

西田春夫さん(仮名・56歳)は久々に口にする日本酒に喉を鳴らせた。

「いやぁ、やっぱりこれですわぁ……。もうねぇ、これしか楽しみがないからね」

毛羽だったタートルネックに薄汚れたダウンジャケット、ノーブランドのよくわからないセカンドバッグを片手に、男は待ち合わせ場所に立っていた。話を聞こうと連れてきた中華屋の座敷で1日の疲れを洗い流すかのように一杯のコップ酒を呷ったのだった。

「あのう、本当に高額当選されたんですか? あの、別に疑っているわけではないんですけど……」
「ははは、見えんでしょうね、そりゃ。でも、私の話を聞けばわかってもらえると思いますよ」
「ああ、あの謝礼はお支払いしますんで……」
それとぉ、酒ぇ……
「ええ、どんどん召し上がってください」

彼は、安物の燗した白鶴で再び口を湿らせると、宝くじ高額当選後のおぞましき半生を話しはじめた。

ごく普通の人生を歩んできたのに、ある日……

それは、平成14年のことでした。そのころ、私は兵庫の物流会社の営業課長として仕事をしていました。
年収800万円。生活は中の中。妻と子供ふたりで、マイホーム持ち。平凡なサラリーマン家庭です。酒も付き合い程度、煙草も吸わんし、趣味も読書くらいのもんです。それと、毎度1万円未満、数千円をつぎ込む宝くじ購入くらいですかね。つまらない人生の男です。

そのころ、嫁さんとはいつも冗談めいたことばっかり言うてました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy