体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「数学的なひらめきの感覚が好き」 『AtCoder』高橋直大さんに聞く競技プログラミングコンテストの面白さ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

慶應義塾大学在学時にマイクロソフトの技術コンテスト『Imagine Cup 2008』アルゴリズム部門で世界3位に入賞し、その後も数々のプログラミングコンテストで世界上位の順位に入る活躍を続けている高橋直大さん。現在はプログラミングコンテストサイト『AtCoder』の開発・運営に携わりつつ、現役で競技プログラミングコンテストへの参戦も続けています。

今回、ガジェット通信では高橋さんにインタビュー。競技プログラミングに魅せられる理由から、プログラマーがコンテストに参加する意義についてまで語っていただきました。

「プログラム書くことをみんなで同時に競い合えることがコンテストのポイント」

ーーまず、高橋さんがプログラミングに興味を持ったきっかけからお聞きできればと思います。

高橋直大さん(以下、高橋):もともと小さい頃からコンピュータ自体には興味があったんですけれど、最初はコンピューターゲームに興味があったんです。家にパソコンがあって「ゲーム楽しいな」という感じで。プログラムを始めたのはだいぶ後で、中学3年生の時の技術の時間の授業で触れたのが最初です。それから高校2年生のときにパソコン研究会に入ったんですけれど、3年生の時に東京工業大学が主催する『スパコン』というコンテストに僕のチームも加わって参加したんです。その時にC言語を勉強してひとりで書き上げたというのがプログラムをしっかりと書いた最初になります。そこで予選を突破できて、チームメイトが強かったこともあって、6位に入賞したんです。それで競技プログラミングが「向いているな」と思ったのがきっかけになります。

ーーどういったところがご自分に向いていると思いましたか?

高橋:数学がもともと得意だったので。僕が触れたプログラミングはグラフィックのデザインとかそういうのではなくて、数学に寄った部分があったんですよね。それで、実際コンテストに出て、いきなり入賞ってかなり向いていないとできないじゃないですか?

ーー入賞できて「自分はいける!」と思った?

高橋:そうですね。その時のメンバーもみんな競技プログラミングで、僕以外は情報オリンピックで入賞していて、周りが強かっただけというのもあったんですけど、「これ自分に向いている」って思ったんですよね。

ーー競技プログラミングというジャンルについて馴染みのない人も多いと思います。通常のプログラムの違いはどういうところになるのでしょう?

高橋:ひと言でプログラムと言っても幅が広すぎるというのはありますが、基本的には「ものを作ること」を目的していると思います。それに対して、競技プログラミングっというのは、「何をしてください」というミッションが与えられるんですね。そのプログラムをするということ自体が目的になっています。だから、競技プログラムは問題ごとに点数があって、難易度順に点数が振り当てられていて、それをどんどん解いていくわけです。だから、一般的なプログラミングコンテストの場合は、プログラムを書く量とか時間とかは多くないというのが特徴の一つだと思います。

ーー最近ではアプリの企画も含めたコンテストも多いと思うのですが、とりわけ数学寄りのプログラミングコンテストではどういう点が評価の基準になるのか教えてください。

高橋:特に数学寄りのプログラミングコンテストというのは、解いた瞬間に点数が出るんですね。だから、最適化系の問題で、どれだけ圧縮率を高められますか、といった内容ならば、圧縮したファイルサイズがそのまま点数になる、みたいな感じで、点数が決まっていきます。だから課題をよりよくこなしたり、早い時間で解けるといったことが評価されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy