体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人工知能を用いてペットの方から飼い主にテレビ電話をかられる!Petcubeの新機能が面白い

犬や猫などのペットを飼っている人ならわかると思うが、やはり自宅を不在にしているときはペットが心配になる。リモートで確認できるカメラを設置している人もいるかもしれないが、ペットの方から飼い主にシグナルを送ることはできない。

そこで、ペット向けのIoTデバイスを多く取り扱うPetcubeが新たに発表した機能は、ペットの方から飼い主にテレビ電話をかけることができる機能というから驚きだ。

・人工知能がペットの気持ちを察知

この新機能は、カメラ付きのデバイス「Petcube Play」と「Petcube Bites」と連携して使うことになる。新機能が有効になると、それらに人工知能が搭載されることになり、カメラの前に映るペットの姿勢や動きからペットの気持ちを察知してくれる。

それにより、たとえばペットがカメラの前に座って長居をすると「ペットが飼い主と話したい」と認識し、自動で飼い主のスマホにテレビ電話をかけてくれるのだ。飼い主はスマホで通知を受けとり、即座にカメラに繋ぐことが可能。

・ペット目線のコミュニケーション

既存の製品でもリモートで餌を与えるというインタラクティブな機能はついていたが、ある意味それは飼い主側の思いに沿っただけの機能ともいえる。しかしこの新機能は、ペットが飼い主に甘えたいと思ったときにその思いを飼い主に届けることができるという点で、ペットの目線にたった機能なのではないだろうか。

またにペット想いの人にはぴったりの機能だろう。なお、本機能のリリースは2018年の春頃を予定しているそうだ。

執筆:Doga

The Verge

Petcube

YouTube

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会