体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テーマは「アイアム野田」のみ! 個性的すぎるショートムービーを清水崇監督・minan(lyrical school)が審査

s__46350491

お笑いコンビ「鬼ヶ島」のアイアム野田さんをテーマに、13人の監督達が撮ったショートムービーを上映する『アイアム映画祭』が1月29日、座・高円寺にて開催される。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-01-21-14-28-21

監督陣は『YOUは何しに日本へ』『山田孝之の東京都北区赤羽』などで知られる太田勇さん(テレビ東京)、お笑い芸人のバファロー吾郎Aさん、ザ・ギース高佐さんなど個性的な面々。

その中の一人、女優・映像作家・脚本家である山脇唯さんの作品情報は以下のとおり。

s__46350493 s__46350492

『世界の中心でアイアムを叫ぶのだ』
監督:山脇唯
あらすじ:妻(高田郁恵)から離婚を切り出され、ボクシングをやめることになっても、なんだかずっと覚悟の決まらない男(アイアム野田)と、1人で生きていく覚悟を決めた男(児玉智洋)が2人で暮らしている。

審査委員長はご本人、鬼ヶ島アイアム野田さん。そして『呪怨』等が日本のみならず世界中で支持されている清水崇監督、アイドルグループlyrical schoolのminanさんが審査員を務める。この3人にどんな作品が刺さるのか?! 豪華審査員陣にも注目である。

アイアム野田、という素材を監督達がどの様な世界観に染め上げていくのか、お笑いファンのみならず演劇・映画ファンも見逃せない。

『アイアム映画祭』
日時:1月29日(月)19時開演
料金:前売2300円、当日2500円
MC:しずる村上
審査員:鬼ヶ島アイアム野田/清水崇監督/minan(lyrical school)

監督
《登壇あり》
今城文恵
太田勇
キムヤスヒロ
ザ・ギース高佐
せきしろ
二宮なゆみ
レイチェル
山脇唯
小林哲也※一般公募
《登壇なし》
業務用菩薩
角田貴志
バッファロー吾郎A

プラムの記事一覧をみる
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。