体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“銀ブラ”の語源はこの店!ジョンレノンも通った銀座「カフェーパウリスタ」

明治維新後、新しい繁華街として脚光を浴びるようになった銀座のレンガ街。東京のにぎわいの中心が日本橋から銀座へと移り、今も東京と言えば銀座を連想する人が、特に地方在住者には多いと思います。銀座には老舗の名店が軒を連ねており、多くの人を魅了してやみません。そんな銀座で老舗の喫茶店と言えば、どこになるのでしょうか?

「銀ブラ」の語源はこの店!1911年創業でジョンレノンも通った銀座カフェーパウリスタ
そこで今回は1911年にオープンした歴史を持つ、銀座カフェーパウリスタを紹介したいと思います。

あのジョン・レノンも通った名店で、なんと「銀ブラ」という言葉の起源にもなっていると言われるお店になります。ぜひともチェックしてみてください。

 

ブラジルへの日系移民を助けるために喫茶店をスタート

「銀ブラ」の語源はこの店!1911年創業でジョンレノンも通った銀座カフェーパウリスタ
カフェーパウリスタは、銀座通り沿いにある昔ながらの喫茶店になります。銀座8丁目と銀座の中でも「端」の方ではありますが、狭い店舗スペースで回転率を高め利益を狙う現代のコーヒーショップとは一線を画し、1階と2階を合わせ100席ものスペースで、のんびりと喫茶を楽しませてくれます。

カフェーパウリスタのオープンは1911年と明治時代。「移民の父」とも呼ばれブラジル移民事業を手掛けていた故・水野龍氏が、ブラジル共和国サンパウロ州政府から、年間1,000俵(約60トン)のコーヒー豆を無料で提供され、普及事業を委託されたところから始まります。サンパウロ州の狙いとしては、

<これを 農園労働の需要性と、コーヒーそのものを周知する機会としてほしい。日本がいずれ西洋を凌駕する民族発展をみるのは確実であり、生活様式が進化すれば、コーヒーは日本の嗜好に迎えられるに違いない>(銀座カフェ―パウリスタの公式ホームページより引用)

といった思いがあったそう。一方の故・水野氏はコーヒーの普及が、ひいてブラジルに移民した日本人を助けると感じ、1910年に合資会社カフェーパウリスタを創業、翌1911年にカフェーパウリスタ銀座喫茶店をオープンしたのだと言います。

ちなみに「カフェーパウリスタ」という名前。ブラジルの母国語であるポルトガル語で、カフェーは「コーヒー」、パウリスタは「サンパウロっ子」「サンパウロの」といった意味があるそうです。

 

日本移民が収穫した準国産のブラジル豆を提供

「銀ブラ」の語源はこの店!1911年創業でジョンレノンも通った銀座カフェーパウリスタ
とはいえ、創業者である故・水野氏は開業にあたって、そもそもコーヒーがどのような環境で飲まれているのかを知らなかったと言います。そこでパリのカフェ―・プロコプに視察に向かい、店舗スタイルをつぶさに観察してきたのだとか。

帰国後は銀座に白亜の2階建ての洋館を建て、日本移民が現地で収穫した準国産とも言えるブラジル産の豆を使って、サービスを開始します。

残念ながら創業店は1923年の関東大震災で焼失し、しばらく喫茶店としての営業は行っていなかったと言いますが、1970年に現在の地にお店を復活。2014年には2階に禁煙席を設け、現在のスタイルになります。

2階は50席のうち、8席がカウンター席になります。先日も平日に足を運んでみましたが、カウンター席は全部埋まり、テーブル席も常時、満席の盛況ぶりでした。

 

 

準国産のブラジル豆が「銀ブラ」の起源に

「銀ブラ」の語源はこの店!1911年創業でジョンレノンも通った銀座カフェーパウリスタ
創業店の開業時、コーヒーをバカにする歌が流行したほど、市場にコーヒーは受け入れられていなかったと言います。しかし、白亜の洋館と、海軍士官の正装をした給仕の珍しい姿、さらには1杯の料金の安さで、次第に都会人に受け入れられていきます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会