体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

荷物を置くロッカーがデス・スターに!? 日常を銀河系の風景に変えるサンビー『STAR WARS ビークルマグネット』レビュー

荷物を置くロッカーがデス・スターに!? 日常を銀河系の風景に変えるサンビー『STAR WARS ビークルマグネット』レビュー

サンビーが昨年12月に発売した『STAR WARS ビークルマグネット』のレビューをお届けします。文房具としての実用性もさることながら、飾って楽しめる『スター・ウォーズ』ファン注目のアイテムです。

swmagnet2

『STAR WARS ビークルマグネット』は、劇中に登場するビークルのフィギュア土台に磁石を組み込み、オフィスや家庭でメモを貼り付ける用途に使えるマグネット。ミレニアム・ファルコン、Xウイング・スターファイター、インペリアル・スター・デストロイヤー、タイ・ファイターの4種類をラインアップしています。まずパっと見で分かる特徴が、造形の精巧さ。フィギュアとしての完成度は抜群です。

swmagnet3 swmagnet4 swmagnet5

ミレニアム・ファルコンは、アンテナが丸い旧3部作仕様。手抜きのないハイディテールっぷりと汚しまで完璧な塗装に、つい見とれてしまいます。

swmagnet6 swmagnet7 swmagnet8

Xウイングは、ルークが搭乗した機体“レッド5”を忠実に再現。キャノピーには透明部品を使用し、コックピット内部も造形。もちろんR2-D2が後ろに乗っています。翼の開閉動作もできるという、お得感のある仕様です。

swmagnet9 swmagnet10 swmagnet11

スター・デストロイヤーは、巨大なインペリアル級を手のひらサイズにギュっと凝縮。複雑な表面のパターンは緻密に成形され、美しさと存在感を放ちます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会