体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『マロニーちゃん』じゃなくて『マロニー』なの? 商品の名前が地域ごとに異なると話題に

「マロニーちゃんはどっこにある♪」のCMでも知られる、乾燥春雨の『マロニーちゃん』。大人数でしゃぶしゃぶ屋さんに行くと、「『マロニーちゃん』入れなきゃ!」と騒ぐ、”マロニーちゃん狂”必ず誰か1人は居るほど、お鍋の具材の中でも高い人気を誇っていますよね。ところが、Twitter上に『マロニー』という”ちゃん”がついていない商品がアップされ、何者なのかと物議が醸されました。

普段は「ちゃん」付けだが、業務時は呼び捨て


この投稿を基に、通常版が『マロニーちゃん』で、業務用が『マロニー』表記なのではないかという憶測が飛び交いましたが、



マロニーちゃんの業務用は呼び捨てツイートみて、食べたくなってスーパーで買ってきたけどアレ?呼び捨てだ…何があったんだ…

そこへ通常版『マロニー』を見つけてしまった人が登場し、話は難航化。

結局のところは、20年前に中村玉緒さんが出演されていたCM撮影時に、中村さんが間違えて『マロニー”ちゃん”』と呼んだことをきっかけに、東日本では『マロニーちゃん』、西日本では『マロニー』という表記で販売されることになったそうです。

私は東京出身なので、『マロニーちゃん』という名前であることが当たり前のように思っていましたが、同じ日本の中で別名で展開されていたとは…。自分にとっての当たり前は、実は当たり前ではないかもしれませんね!

※Twitterより引用
https://twitter.com/dezaiso/status/952525739173167104/photo/1 [LINK]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 吉田海音) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会