ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

別れ際に「これで好きなものを買ってください」と渡されたものは!? 「いい話」「最高の彼氏」と反応集まる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ケンカになってしまうか、自然消滅になるか……。カップルが別れる時になかなか良い思い出になるには時間がかかるものですが、ある『Twitter』ユーザーが以前3年間付き合っていた彼氏と別れる時のエピソードをツイート。それが「いい男!」と話題になっています。


以前3年おつきあいした男性とお別れすることになり、最後に会って食事しようと言われて思い出話に花が咲き、最後の別れ際に『これ、俺の気持ちだから。本当にありがとう』と封筒を頂き(手紙かな…)少ししんみりしながら家で開けたら、アマゾンカード3万円分でした。1年で1万の計算。

このユーザーは、続けて次のようにツイート。


ギャグみたいですが『3年目のプレゼントを渡せなかったのでこれで好きなものを買ってください』とメッセージ付きでした。これは良い話なんです。

「『Amazon』のポイントで好きなものを買って」というのは、相手のことも考えた上で後腐れもなさそうなプレゼントなのでは? このツイートを見たユーザーからも、「いい話」「最高の彼氏」「味わい深い」といった反応が集まっていました。

一方で、モヤっとした気持ちになる人もいる模様。別のユーザーは、次のようにツイート。


開封した瞬間困惑しそうw>RT
別れ方にもよるだろうけどモヤッとする何かが残りそうで…。別れる時に手紙とかプレゼントとか要らんよなぁ。処理に困る。商品券だとしてもそれで何かを買ってしまうと残ってしまうし、現金に換えて仲良い人と食事するのが一番かな?皆、どう使うんだろう?

確かに「自分○万円のオンナ!?」と考えてしまう人もいるかもしれませんが、サラッと「気持ち」を受け取って別れるというのが上手なように感じます。「結婚式と同じで割り切れない額が良いのかな」という声や「こういうときは感傷的になって、独り善がりなプレゼントをあげたくなるもの」といった意見もあり、恋の終わらせ方を考えさせられるエピソードといえそうです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/___jyon/status/951455813293371392 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。