体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホとPCの融合!Razerの「Project Linda」でこれまでにないゲーム体験を

デジタル・IT

米サンフランシスコに本拠を構えるゲーミングデバイスメーカー「Razer」。世界最大級の家電見本市CESにおいて、昨年は3画面のノートパソコンを披露し参加者を驚かせたが、今年のCESでも新たなコンセプトが発表された。

・スマホをPCにドッキング

Project Linda(プロジェクト・リンダ)」と名付けられたこのプロジェクト、目指すはスマートフォンとノートパソコンの融合だ。同社製の5.7型スマートフォン「Razer Phone」を、13.3インチの専用PC「Linda」のドック部に埋め込めば、スマホの画面がそのままタッチパッドもしくはセカンドスクリーンに早変わりする。

実はスマホとPCを組み合わせるというこのアイデア自体は決して真新しいわけではない。しかし、その滑らかな操作性や映像の美しさはこれまでのテクノロジーでは実現できなかったものだ。

・軽量で高性能!

LindaにRazer Phoneをドッキングすることで、Snapdragon835チップと8GBメモリを搭載したAndroidノートPCとなる。キーボードには同社のトレードマークでもあるRazer Chromaを採用。1600万以上の色とさまざまな視覚効果を堪能することができる。

取り付け時にはRazer Phoneの急速充電が可能で、内部には200GBのストレージも備える。筐体はアルミ製で厚さ15mm。重さは、Razer Phoneを合わせても1.3kg程度と、持ち運びも問題ないレベルだ。

今回CESで披露されたProject Lindaだが、発売時期等の詳細はまだ明らかにされていない。今後の展開に注目だ。

Razer Project Linda – Ultraportable Laptop Powered by Razer Phone
Razer’s Project Linda concept transforms the Razer Phone into a laptop

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会