体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目の前に貴乃花親方が! 貴ノ岩関が! 貴乃花部屋激励会に参加してみた感想 -前編-

どうもどうも、ライターの丸野裕行です。

白鵬関の場違いバンザイ三唱やモンゴリアンチームジャージ騒動、日馬富士関の暴行事件、貴乃花理事史上初の解任劇、行事の同性へのセクハラ報道まで、問題続出の相撲界ですが、私・丸野は角界のことをまったく知りません

日本の国技である相撲ですからちょっと恥ずかしいのですが、どんな力士がいるのか、どんな決まり手があるのか、誰が幕下で誰が大関で誰が横綱なのか、全国各地のどこで場所が行われるのか…全然知りません

評議員会があることも危機管理委員会があることもまったくこれっぽっちも知りませんでした。連日、嫌というほど報道されていますが、何の興味もなかったのです。

しかし、どんなご縁があるのかわかりませんね。

なんと日馬富士の暴行事件を発端とした様々な角界の騒動が巻き起こる数カ月前、私はなんと貴乃花部屋の激励会に参加していたことを思い出しました。昨日くらいに!

今回は、壇上にあがっただけで歓声があがる人気力士たちに囲まれ、お話をしたり、食事をとったりする激励会に参加してみた感想を、そのときの画像と共にマジメに語りたいと思います。

貴花田じゃなくって貴乃花だと初めて知った

「おい、マル。おまえ、〇〇日の夜空いてるか?」
とお世話になっている社長さんからお誘いの電話がかかってきたのは、2週間前。

「おつかれさまです、〇〇社長! えっ、なんかあるんですか?」

「おう、相撲の後援パーティーがあってな。パーティーにおまえも参加して、それが終わったあとにみんなで飲むから来い」

「はぁ。でも、オレ、相撲って全然わからないですよ。知っているのは、ハンバーグでも酢豚でもサバの煮つけでも、力士が作れば“チャンコ”と呼ぶということくらいです」

「なんでもええし、来い」

京都から向かったのは、大阪駅から徒歩5分ほどの『ヒルトン大阪』の会場でした。

会場の中は、お金持ちそうな方々がわんさかいて、すごい熱気。だいたい1,200人~1,500人くらいでしょうか?
10名が座れる大きなテーブルがおびただしい数並んでいます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会