体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

是枝裕和監督の映画に共通するキーワードは…

是枝裕和監督の映画に共通するキーワードは…
J-WAVEにて1カ月限定で放送される新番組「ONE SCENE」(ナビゲーター:松室政哉)。映画が大好きな松室が、特に好きな映画のワンシーンのロケ地にて、主題歌を弾き語りで歌います。初回となる1月5日(金)のオンエアでは、松室の好きな是枝裕和監督の映画「海よりもまだ深く」に注目し、舞台となった東京・清瀬市にある、旭が丘団地を訪れました。

過去の栄光を引きずったまま、先に進むことができない男・良多(阿部寛)が、元妻の響子(真木よう子)と息子と、あることをきっかけに団地で一夜を過ごすことになります。その中で、それぞれの登場人物が色々な事を見つけていくというストーリー。

松室は、映画を通じて「家族は切っても切れない」ことを感じたそう。さらに「格好良い阿部寛さんが、本当にダメな男になっていて、でもどこか愛すべきキャラクター」と解説。

また、劇中では良多の父親の話がよく出てくるのですが、名前や顔は明かされません。是枝監督の「海街ダイアリー」も、父の話が中心で話が進んでいくものの、名前や顔は明かされず、周りの人が語ることで、観ている側がその人を勝手にイメージするという作りになっているとのこと。「そして父になる」も是枝監督作品なので、松室は「是枝監督の映画作りにおいて、『お父さん』が一つのキーワードになっているのでは」と感じたそうです。

そんな是枝監督映画の“ワンシーン”を見つけるべく、松室は清瀬市旭が丘団地へ向かいました。ここは、是枝監督が実際に住んでいた場所でもあります。松室は、是枝監督が感じていたものを映画に反映させるという意味でも、この舞台は非常に重要だと言います。また、主題歌であるハナレグミ「深呼吸」については、「この曲が流れた時に、映画を包み込む、意味のある主題歌だ」と感じたそうです。

清瀬駅から旭が丘団地へは、映画の登場人物と同じようにバスで移動しました。団地の中には、スーパー、病院、銀行、理容室などがあり、団地内で生活を完結できることに松室は驚いていました。街行く人に映画で登場した公園を尋ねつつ無事に到着。静かな公園でハナレグミ「深呼吸」の弾き語りを行いました。

番組公式インスタグラムでは、松室が訪れた場所の写真や動画がアップされますので、ぜひ、チェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ONE SCENE」
放送日時:金曜 23時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc5/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。