体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「世間ではウワサされていますが真相は?」芸能リポーター顔負け!? 息子の鋭いツッコミにタジタジ! 実の姉弟でもぎこちない微妙な会話 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

父の言い訳が怪しい……息子の鋭いツッコミにタジタジ

思い余って義理の姉・玉鬘に告白してみたものの「気分が悪い」と逃げられた夕霧は、失敗したな~……と思いながら父・源氏の元へ戻ってきました。

源氏は「まだ宮仕えには乗り気でないようだね。蛍宮の口説き文句に気持ちが動いていたようだから無理もない。でも行幸の際に帝を拝見して、内心は満更でもないと思っているようだし、このまま事を進めたい」と、もっともらしく言います。源氏が単にそうしたいだけなんですけどね。

対して夕霧は「中宮と弘徽殿女御の2強体制が盤石なのに、そこへ割り込むのは難しいでしょう。それに、無理に宮仕えに出ると父上と蛍宮の兄弟仲が悪くなりませんか」とツッコミ。ですよね~。最初、あれだけいい雰囲気を作ったりして釣り上げていたのにね……。

「そこがねえ。求婚者たち……髭黒あたりも私を恨んでいるらしい。玉鬘が誰かと結ばれれば、それ以外の男は全員失恋することになるからな。何にせよ、彼女は蛍宮の妻としても立派に役目を果たすだろうし、尚侍としても適任だと思う。清く明るく美しく、そして賢い人だからね」

源氏はついでに玉鬘を引き取った経緯も説明。「私は玉鬘の母親の遺言を聞いていて、遠い田舎で寂しく暮らしているというのも知っていたのだが、内大臣(頭の中将)が実娘と認めてくれないと泣きつかれたので、まずは私の娘ということにしたんだよ」。ちょっとまった!これはまったくの捏造だ!

聞いてもないのにわざわざこんなことを言い出すなんて、ますます怪しい……。夕霧は更にツッコみます。いいぞ!もっと聞いて!

「でも世間ではあれこれウワサしているみたいですよ。父上には既に立派なご夫人方がたくさんいらっしゃるから、玉鬘の姉上を愛人にするには都合が悪い。だから表向きは宮仕えということにして、裏では絶対に手放さないつもりなのだろう……と。

伯父上(頭の中将)も、なるほど賢いやり方だ、と仰ったとか。確かなソースのある情報です」。おお、芸能リポーター顔負けの鋭いツッコミ!

源氏は内心ギクッとしながら「ずいぶんひどい想像をされたもんだ。私は内大臣(頭の中将)の意向を無にするつもりは毛頭ないし、善意で今までお世話をしてきたのだけどね。とにかく、ウワサが潔白であることはそのうち証明されるだろう」と逃げ口上。そう言われても、夕霧は父の言い分を素直に信じられません。あれだけイチャイチャしてたのを見たもんね!

この夕霧のツッコミに釘を刺された格好となり、源氏の宮仕え愛人作戦を実行するのは非常に難しくなりました。まあ、世間の人の多くは怪しいなと思ってるわけですからね。(それにしてもなんで頭の中将にバレたんだろう?)と、源氏は親友のカンの良さが少し怖くなります。まあ、付き合い長いですからねえ。

いよいよ宮仕え決定!追い込みをかける求婚者たち

ほどなく大宮の喪が明け、玉鬘の宮仕えは10月からに決定。帝はその日を待ち遠しくお思いになり、求婚者達は最後の抵抗を試みます。尚侍はあくまでも女官なので、夫がいてもOK。でも宮中に上がってしまえば帝のお手つきになるだろうし、婚活の追い込み(?)なら9月中です。

髭黒は夕霧の職場(右近衛府)の上司にあたるので、彼を呼び出してはあれこれ相談。また、実父の頭の中将にも働きかけ、結婚相手として認めて欲しいと訴えます。頭の中将は「育ての親・源氏の判断に任せる」と回答しますが、真面目一徹な人柄や、皇太子の伯父で将来が約束されている髭黒との縁組にはわりと賛成です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。