体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【フランス】在住者が教える、お土産に喜ばれるチーズ勝手にランキング

上質なチョコレートにパテやフォアグラの缶詰、それによく合うボルドーの赤ワイン。グルメなフランス土産をもらえるとしたら、みなさんが欲しいものは? 

お土産に喜ばれる、本場のチーズ

【フランス】お土産に喜ばれるチーズを在住者が勝手にランキング
(C)sweetsholic

一時帰国の日が近づくと、家族や親戚から欲しいものリストが届きます。なかでもリクエストが多いのが、本場のチーズ! 

フランスには500種類以上ものチーズが存在するので、テキトーに選ぶわけにはいきません。そこで、チーズを食べ慣れているこちらの友人におすすめを聞いて選んだりするのですが、東京の家族や親戚には「ニオイがキツイ」「食感が微妙」ということも。

【フランス】お土産に喜ばれるチーズを在住者が勝手にランキング
(C)sweetsholic

せっかくお土産にするのだから、貰い手には喜んでもらいたいですよね。そこで今回は、自らの失敗と経験を通して学んだ、日本人の口に合うチーズベスト4をセレクト、ランキング形式でお伝えします。チーズ専門店はもちろん、現地の大きめのスーパーでも入手可能です。

4位:ハート型の「ヌーシャテル」

【フランス】お土産に喜ばれるチーズを在住者が勝手にランキング
(C)sweetsholic

カマンベールやブリーチーズと同様に、クリーミーで食べやすい「ヌーシャテル/Neufchâtel」。北部ノルマンディー地方のブレイ地区で誕生した、ハート型のかわいらしい白カビタイプのチーズです。重量は200g。若いうちはまろやかで口当たりはなめらか、熟成が進むとトロトロした食感、塩気を強く感じるようになります。

【フランス】お土産に喜ばれるチーズを在住者が勝手にランキング
(C)sweetsholic

百年戦争の際に、敵国イギリスの兵士らと恋に落ちたノルマンディーの女性たちがハート型のチーズを贈った・・・というロマンチックな逸話も素敵。※ヌーシャテルには正方形や円筒形など、6種類の形状があります。

3位:熟成具合により、さまざまな味が楽しめる「カンタル」

【フランス】お土産に喜ばれるチーズを在住者が勝手にランキング
ナッツのような香りでコクのある「カンタル/Cantal」。外皮に包まれた、大型の硬質・セミハードタイプのチーズです。2000年以上も前から作られている、フランス最古のチーズのひとつ。チーズの生産が盛んな中南部オーベルニュ地方が原産です。

熟成期間30日以上の「カンタル・ジュンヌ」はほんのり酸味があって爽やか、熟成期間8カ月以上の「カンタル・ヴュー」はコクと旨味たっぷり、フランス語で中間という意味の「アントルドゥ」を名に冠した熟成期間が90日以上の「カンタル・アントルドゥ」はジュンヌとヴュー両者の良さを併せ持ったおいしさ。

【フランス】お土産に喜ばれるチーズを在住者が勝手にランキング
写真手前がカンタル・ヴュー、その右隣がグラス・ド・ノエル。どちらも同じカンタルチーズ
(C)sweetsholic

12月にフランスを訪れることがあれば、クリスマスの時期に出回るクリーミーで柔らかなカンタル「グラス・ド・ノエル」もおすすめですよ。詳しくは当サイトでお伝えした「【クリスマス豆知識】フランス生まれの「クリスマス・チーズ」が気になる!」にて。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。