体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オフ会にもイケる」「可能性があふれている」 ラノベ作家友人が購入した家がどう見ても飲食店

house_izakaya_01

最近ではリノベーションなどで自宅を改造して飲食店にしているというケースも多く、中古市場でもそういった物件を見つけることができます。

『俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する』(ファミ通文庫)の作者・藍月要さん(@kaname_aizuki)が次のようにツイートして話題になっていました。


高専卒の友人が家を買ったというので遊びに行ったんですが、これは家ではなく、あの、その……

どうみても飲食店な佇まい……。


やはり家ではない

「面白素敵物件をすっと買ってしまう胆力、本当に尊敬する」という藍月さんによると、友人は「特にお店として使うつもりはなく、友人達の集まりの場にしていくみたい」とのこと。

このツイートには「楽しそうすぎる」「オフ会の会場としてもイケる」といった反応が集まり、「晩酌がすすむ落ち着いた家」「むしろアリなのでは」といった声も。

「自分もこんな家ほしい」といった反応も続出していた元飲食店物件。今後、元の家主の高齢化によって廃業するケースが増えることも予想されるので、こういった物件が増加していくのかもしれません。そういった家をどう使うのか、買い主によりさまざまな夢が実現できるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/kaname_aizuki/status/947102163783712771 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。