体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「美しいお姉様が出来たあいつが羨ましい」義理の弟の思いがけぬ告白に混乱!”笑ってはいけない”実父もからかう恥ずかしすぎる姫君 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「ウチは全部知ってんねんで!」爆弾娘、再び大暴れ

ようやっと本当の家族と再会できた玉鬘。しかし裳着の後、一ヶ月ほどして祖母・大宮が他界します。ギリギリセーフで孫と名乗り出られたのは良かったですが、半年間は服喪のために宮仕えも延期。そのまま季節が過ぎていきます。

源氏はしばらく真の親子関係を伏せたままにする予定でした。が、人の口に戸は立てられないもので「玉鬘の本当の父親は頭の中将だ」という話が知れ渡ります。みんなゴシップ大好き!

それを聞いて黙っていられなかったのが近江の君。「お父ちゃんに新しいお姫様ができたんやて?しかも源氏の太政大臣からも、ウチのお父ちゃんからも大事にされて。ウチと同じ身分の低いお母さんから生まれたはるのに、どないなってんの?

ズケズケした言い方に、弘徽殿女御はダンマリ。側にいた柏木が「一体誰から聞いたんだ。そんなことを大声で言ったら、女房たちがまた言いふらすだろ。玉鬘の君が両家から大事にされるのは、それなりの理由があるからに決まってるよ」。

「お兄さんは黙ってて!ウチは全部知ってんねんで!その人が尚侍にならはるんやろ!?ウチかてこうしてお姉さんに一生懸命お仕えして、おまる掃除やら水くみやら、誰もせえへんような雑用まで頑張ってるのに。ひどいわぁ」。逆に、雑用を頑張ったのがダメだったかも?

「尚侍になりたかったのかい?そりゃ傑作だ!欠員が出たら僕らが立候補しようと思ってたのに。アハハ!」尚侍は女官なので男はもちろんなれませんが、兄たちは完全に馬鹿にしきって笑い者にします。

近江の君は逆上し「お兄さんたちがウチをいじめる!柏木のお兄さんが無理やりウチを連れてきたくせに、こないにイビられたらやってられへんわ。来るんやなかった!ホンマ、貴族の人怖い、怖い!」。そう言って後ずさりし、彼女なりに精一杯目を吊り上げて睨みつけます(でも全然怖くない)

今度は柏木が黙る番。(本当になんでこんなの連れてきたんだろう。大失敗だ)。次男の紅梅は「まあまあ、そんなに怒らないで。君が頑張ってるのは姉上も認めて下さってるよ。強い心で念じれば、岩だって溶かせると言うじゃない。きっと願いが叶う日が来るさ」。言ってることがだいぶ適当ですが、兄弟げんかの仲裁に入るこの感じ、次男(中間子)っぽい!

弟の言葉を受けて、柏木は「(神話で天照大神が籠もった)天岩戸にでも隠れて、出てこないでくれるのが一番いいんだけどね!」と捨て台詞を残して去り、近江の君は大泣き。あーあ。

「お兄さんたちはあかん。優しくしてくれるんは女御のお姉さんだけや。ウチ、頑張る!」と、近江の君は今まで以上にドタバタ走り回って雑用に精を出し、ロビー活動に励みます。女御は(一体この子は何を考えているんだろう)と、ほとほと困り果ててしまいました。

笑ってはいけない!実父もからかう恥ずかしすぎる姫君

この話を聞いて、お父ちゃんこと頭の中将がニヤニヤしながらやってきました。「近江の君、どこにいるの。ここへ来なさい」。近江の君は期待に胸をはずませ「はぁーーーーーーーーい!」と良いお返事。

「女御の所でとても頑張っているね。尚侍になりたいのなら、なぜ早く言わなかった?」「女御のお姉さんが推薦してくれると思ててん。そしたら新しい人が内定した言うから、ウチ、お金持ちになった~!思たら夢でした……みたいな気持ちなってん」。こんなところで夢オチの例え登場。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy