体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新型エクリプス クロスのAWDが凄い! 三菱はクーペSUVにも本気だ

▲12月某日、三菱の新型クーペSUV「エクリプス クロス」の試乗会が開催された。国内向けには「プロトタイプ」ではあるが、先行して欧州で販売されていることもあり、今後、市販されるモデルと大きな差異はないだろう。インプレッションをお伝えする

▲12月某日、三菱の新型クーペSUV「エクリプス クロス」の試乗会が開催された。国内向けには「プロトタイプ」ではあるが、先行して欧州で販売されていることもあり、今後、市販されるモデルと大きな差異はないだろう。インプレッションをお伝えする

限られたコースでも十分に実感できる「三菱の本気」

ハッチバックをリフトアップしたような「クーペ」デザインのSUVは、世界的に市場規模を拡大させている。人気は“うなぎ上り”状態。

セダンがメインマーケットであったアメリカですら、今後はクーペタイプのSUVに移行していくのではないかと予想されるほどの勢いだ。国産クーペSUVの販売も、世界的に上々である。

このような背景の昨今、4WDで実績のある三菱も黙って見ているわけがない。

三菱には、他社にない素晴らしいプラットフォームがある。

4WDでは、ランサーエボリューション、アウトランダー、デリカD:5と使われ、レギュレーションに合わせて成長してきた良質な骨格だ。このたび誕生したニューモデル「エクリプス クロス」も、このプラットフォームを使ったモデルである。

▲こちらが、2018年3月に発売を予定している新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」

▲こちらが、2018年3月に発売を予定している新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」

デザインは、新しいアイデンティティのフロントマスクをさらに低く鋭角な輪郭にし、スポーティな雰囲気。シャープなサイドグラスのグラフィックが、クーペスタイルを際立たせている。

リアの造形も特徴的だ。ガーニッシュ(装飾パネル)をスポイラーと一体化させたデザインとなっている。ここはオリジナリティを最大限に感じる部分だった。

三菱はかねてから、シャープなプレス面を造りだすのが上手い。エクリプス クロスのパキッと彫刻的なプレスラインからも、その技術力の高さがうかがえる。こうしてボディだけ見ても、国産としては“新しさ”を感じ、期待が高まった。

▲特徴的なリア造形

▲特徴的なリア造形

▲サイドから見ると、クーペスタイルやプレスラインの秀逸さがよく分かる

▲サイドから見ると、クーペスタイルやプレスラインの秀逸さがよく分かる

▲ドア開口部は、車の外装が汚れた状態で降車しても、足元が汚れないよう配慮された設計に。細かなところにも欧州的なアイディアが詰まっている

▲ドア開口部は、車の外装が汚れた状態で降車しても、足元が汚れないよう配慮された設計に。細かなところにも欧州的なアイデアが詰まっている

エンジンは1.5L直噴ターボ。ポートインジェクションも併用して採用したそうだ。出力的にはリッター100馬力を少し超える163psであるが、1800回転から2.5Lクラスのトルクを発生する。

トランスミッションは、ステップアップ制御が施されたCVTで、多段ATのようなフィールとのこと。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。