体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[パセリ&バジルの保存]冷蔵と冷凍のコツを覚えて使いきる!

[パセリ&バジルの保存]冷蔵と冷凍のコツを覚えて使いきる!

さわやかな香りと鮮やかな色味で料理を引き立てるハーブ。ただし、なかなか使い切れないということはありませんか?そこで、料理によく使われる、パセリとバジルの保存のコツと、ドライパセリやバジルオイルなど、作っておくと重宝する保存アレンジをご紹介します。

葉も茎もおいしく使えるパセリ

葉も茎もおいしく使えるパセリ

強い香りが特徴のパセリは、飾りや薬味、スープのうきみなど、さまざまな料理に活躍。また、茎はブーケガルニ(香草の束)に欠かせない材料で、シチューなどの香りづけとして使われます。栄養素ではβ-カロテンが豊富で、ビタミンA、C、E、カルシウムやカリウムなどのミネラル、食物繊維などを含みます。

パセリの冷蔵・冷凍保存のコツ

パセリは冷蔵でも冷凍でも保存できます。

パセリの保存方法

●冷蔵保存   

水を入れたグラスにさし、ポリ袋をかぶせて輪ゴムで密封し、冷蔵庫の野菜室に入れる。葉がしおれている場合は霧吹きをすると良い。保存の目安は約2週間。   

パセリの冷蔵保存:水を入れたグラスにさし、ポリ袋をかぶせて輪ゴムで密封し、冷蔵庫の野菜室へ

●冷凍保存   

①水洗いし、キッチンペーパーで挟むように水気を取る。葉の細かい部分を洗うときは、ふり洗いがおすすめ。
②茎と葉に分け、冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて密閉し、冷凍庫に入れる。

パセリの冷凍保存:茎と葉に分けて、冷凍保存袋に入れて冷凍

③使うときは、解凍せずそのまま調理する。袋ごともめば、簡単にみじん切りができる。保存の目安は約1カ月。   

パセリの冷凍保存:袋ごともめば簡単にみじん切りができる

このほかの保存方法として、新鮮な葉を摘んで、ドライパセリにするのもおすすめです。キッチンペーパーを敷いた耐熱皿に並べ、600Wの電子レンジで約3分加熱。粗熱がとれたら、手でもんで細かくし、瓶などの密閉容器に入れます。高温多湿の場所を避ければ約1カ月保存OK。パスタやサラダ、肉料理などに使えます。

イタリアンに欠かせない、さわやかな香りのバジル

イタリアンに欠かせない、さわやかな香りのバジル

豊かな香りのバジルは、オリーブオイルや肉料理、トマト、レモンとも相性抜群。イタリアではオリーブオイル、にんにく、松の実、パルメザンチーズを加えてペースト状にしたバジルペーストを使ったパスタやスープが有名です。栄養素は、β-カロテンが豊富に含まれています。

バジルの冷蔵・冷凍保存のコツ

バジルは乾燥させると香りが失われるので、生の状態で保存しましょう。

バジルの保存方法

● 冷蔵保存   

バジルの保存法:すぐ使い切れない場合は、濡らしたペーパータオルに包んで保存容器に入れ、冷蔵庫の野菜室へ

水を入れたグラスにさし、ポリ袋をかぶせて輪ゴムで密封し、冷蔵庫の野菜室に入れる。1~2日ほどを目安に使いきる。すぐに使いきれない場合は、濡らしたペーパータオルに包んで保存容器に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存。2週間ほど日持ちする。   

● 冷凍保存   

バジルの保存法:葉だけを摘んでポリ袋に入れ、少し空気で膨らませて口を結んだ状態で冷凍庫へ。葉は刻んでも良い

葉だけを摘んでポリ袋に入れる。少し空気で膨らませて口を結び、冷凍庫へ。保存目安は約1カ月。葉は、刻んだ状態で冷凍してもOK。   

水やスープストックと一緒に製氷器などに入れ、ブロック状にして冷凍しておくと、そのままスープやソース作りに使えて便利。

このほかにも、ニンニクや鷹の爪と一緒にオリーブオイルに漬けてバジルオイルとして保存しておくと、サラダやパスタなどに使えて便利です。

バジルの保存:ニンニクや鷹の爪と一緒にオリーブオイルにつけて、バジルオイルにしても

パセリは、葉が縮れているカーリーパセリのほか、カーリーパセリよりも苦みの少ないイタリアンパセリも登場しています。バジルは、スイートバジルが一般的ですが、紫色のものやレモンの香りがするものなど多種多様。保存のコツをつかんでさまざまなハーブの風味を楽しみましょう。

[パセリ]長持ちさせる保存のコツや、含まれる栄養素は?

[パセリ]長持ちさせる保存のコツや、含まれる栄養素は?

洋食の付け合わせとして添えられることが多いパセリ。セリ科の野菜で、西洋では紀元前から食用にされていました。料理に香りや彩りを加えるために添えられることが多いのですが、ビタミンエース(A・C・E)やカリウム、カルシウムなどのミネラル類がたっぷりの野菜なので、ぜひ残さずに食べましょう。

最終更新:2018.01.10

文:窪和子
写真:Getty Images(1枚目)、小林友美(2~9枚目)
監修:カゴメ
参考文献:
『ひと目でわかる! 食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
『[カラー版]世界食材事典』(柴田書店)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。