体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

民放4局・年末音楽番組比較……最高満足度は「FNS歌謡祭」に!

▲フジテレビ「FNS歌謡祭」公式HPより

毎日2400人からテレビ番組の視聴調査を行っているテレビウォッチャーのデータを元に、年末に放送された民放各局の音楽特番「FNS歌謡祭 第1夜・第2夜」(フジテレビ)「ミュージックステーションスーパーライブ2017」(テレビ朝日)「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017」(日本テレビ)「第50回日本有線大賞」(TBS)を比較した。

満足度トップは「FNS歌謡祭 第1夜」

テレビウォッチャーの満足度調査(5段階)によると、「FNS歌謡祭 第1夜」が満足度3.52を記録し、比較4番組でトップとなった。

回収したアンケートをみると「いろんなコラボがあっておもしろかったです」(39歳女性)「めったに見られないコラボが見られて良かった」(28歳男性)と「FNS歌謡祭」の特徴であるアーティストのコラボ演出が好評であった。

男女別の満足度をみると、男性満足度3.52・女性満足度3.52と変わらぬ満足度を記録。世代別ではF1・M1層(20~34歳)がもっとも高い満足度を記録しているが、全体としてもバランスの良い満足度を記録しており、男女問わず全世代から満足度を獲得できたことが、トップに輝いた要因のようだ。

ただし、「FNS歌謡祭」は12月6日と13日の2週に渡って放送されており、2週目の放送「FNS歌謡祭 第2夜」の満足度は3.28と大きく降下しており、2週連続で放送した意味が問われそうだ。

全部見た率トップは、「第50回日本有線大賞」

▲テレビウォッチャー調べ

テレビウォッチャーでは、視聴状況というものを「全部見た」「最初から途中まで見た」「途中から最後まで見た」「途中から途中まで見た」の4段階にて集計している。全部見た率とは、全体接触数(視聴者数)のうち「全部見た」と回答した人の割合である。

音楽特番は長時間での放送となっており、ゴールデンの時間帯に全部を見るということは、見ごたえがなくては難しい。そんな全部見た率では今年で最後の放送となった「第50回日本有線大賞」(TBS)が38%を記録し、トップに輝いた。

「有線大賞」は満足度では3.24と、比較4番組で最も低くなっているものの、「有線大賞、懐かしい歌がいっぱい、昔の映像も交え楽しめました」(72歳女性)「懐かしい映像があったりで満足でした」(39歳女性)と往年の名曲を交えたことで、見ごたえがあったようだ。
ラストには大賞が発表されたことや、他の音楽特番と比べると年齢層が高いことも、全部を見た率に影響を与えているようだ。

まとめ

テレビウォッチャーでは高満足度の基準を3.70と定めており、今回の比較4番組では高満足度を記録した番組は無かった。音楽番組は、アーティストの選別で満足度が大きく変わってしまうため、音楽特番のような多岐に渡るアーティストを集める番組の場合、満足度が高くならないのだろう。

そんな中でも、独自の色をだし全世代から満足度を獲得することのできたFNS歌謡祭が、頭ひとつ飛び抜けたようである。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: テレビウォッチャー) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy