体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スカートをたくし上げてヒーターに暖まる彼女さんに彼氏くんが取った行動は? Webで人気のイラストレーターが描くカップルが可愛すぎる

寒い冬場は特に足元が冷えるので、ついついストーブにぴったりとくっついて離れられない……という人は多いのでは?

そんな中、『pixiv』『ニコニコ静画』で活躍して2016年4月にはマンガ『彼女の季節 ―少女アラカルト―』(KADOKAWA)も刊行しているにいちさん(@niichi021)が『「女子」を捨てきれなかった彼女さんと「男子」を捨てる気もなかった彼氏くん』と題したマンガを『Twitter』で発表しています。


スカートをたくしあげてヒーターで足を暖めて「あったかぁ~」となる彼女さん。彼氏くんに「女子が人前でやるポーズじゃねーぞ」とツッコまれても「じゃー私女子でなくていいや~」とやめません。

そこでおもむろに彼氏くん、スカートの中を覗こうとしますが、彼女さんはとっさにロングスカートを押さえて隠します。その後ふたりでココアを飲んでほっこり。どちらもかわいいですね。

にいちさんのマンガには、「ヒーターになりたい」「ヒーターの熱気になりたい」という想像力豊かな反応が続出したほか、「こたつになればずっと見ていられる」といった天才的な発想も。さらには「同じことを嫁にやったら全力で蹴られた」といった実体験も寄せられていました。

マンガの反応に対して「“自分もこっそりこんな感じで暖まっている”といった意外と似たような体験をされているのが面白かったです。ヒーター(の目線)になりたい……という発想には笑ってしまいました」というにいちさん。男子の性質と女子の恥じらいがちょっとしたやり取りで垣間見えてなんだかほっこりするマンガ。スカートの中は女子の永遠のヒミツ。この彼女さんのように、乙女心は常になくさないでいたいものですね。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/niichi021/status/944885800499478528 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。