体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Amazon Tube」はYouTube対抗の動画サービス?

米国特許商標庁(USPTO)に出願された「Amazon Tube」の商標から、Amazon が YouTube に対抗するような独自の動画共有サービスを開発し、提供するのではないかと予想されています。商標のサービス保護区分を見ると、この商標の対象は動画のインターネット共有やストリーミングをカバーしているので、動画系サービスのために出願した商標であることはほぼ確実です。ただ、「YouTube」ならぬ「Amazon Tube」とベタなネーミングを採用するはずも無く、YouTube に対抗しながらも独自の機能を備えた異なる動画サービスになるのではないかと考えられます。Amazon はこれまでに様々なデバイスを発売してきましたが、そのいずれにも YouTube が開発した公式アプリは提供されておらず、現状では Amazon が開発した WEB インタフェースを利用したアプリしかありません。Amazon Tube が Amazon 版 YouTube になるのかどうかは不明ですが、Amazon としては公式アプリの無い現状を何とかしたいと考えていることは疑いようもありません。Source : USPTO

■関連記事
Essential PhoneにAndroid Oreo Beta 2ファームウェアが配信開始
Mozilla、FireTV向けのFirefoxをリリース
Core i7を搭載したPixelbookの最上位モデルがようやく発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。