体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ラッキー・ストライク・エキスパートカット 14』味わい深くなめらかな煙を醸し出す、10年振りの青い新作!

しっかりとした味わいと吸い心地。そんなストレートなタバコを味わいたいとき候補となるのが白地に赤い円付きロゴが印象的なパッケージの「ラッキー・ストライク」。今度のニューフェイスは青くなった。葉を微細カットすることで生み出されたのは『ラッキー・ストライク・エキスパートカット・14』の想像以上のなめらかさだった。

 

シルクタッチの煙に包まれてバージニア葉の旨味をじっくり味わうことができる進化版

「ラッキー・ストライク(Lucky Strike)」は、最近加熱式タバコ「グロー」で注目を浴びているブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)社の看板ブランド。その誕生は古く、19世紀の米国がゴールドラッシュに沸いていた1916年。まさに金鉱を掘り当てたことを表すスラングが、そのまま製品名となった。当時はもちろんフィルター無しの両切りタバコ。

パッケージデザインは白地に赤い丸に名前が入るという王道中の王道デザインで、ブルズアイと呼ばれるもの。ハードボイルドな光景にもよく似合うデザインから、映画やドラマに登場することも珍しくなかった(嫌煙ムードが高まる前までは)。音楽界だとロックンロール系のミュージシャンが吸っていることが多い。日本の敗戦直後を描くときに、アメリカ兵が持っているのはたいていこの「ラッキー・ストライク」だ。

その特徴は、ガツンとした吸いごたえと飾らない土臭さのようなアロマ。煙の匂いが逆に魅力的なタバコらしいタバコ。マールボロがより西部寄りで正義の味方が似合うのに比べて、似たところがありながらもやんちゃで、不良性を感じさせるプロフィールを持っている。

 

今回紹介するブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン『ラッキー・ストライク・エキスパートカット・14』(タール14mg/ニコチン1.2mg・20本入・希望小売価格 税込400円・2017年11月発売)は、何と2007年以来10年ぶりとなる新製品。まさに良い意味で保守的に愛され続けていることがよくわかる。

 

記者も昔、ソフトパックのノーマル「ラッキー・ストライク」を吸っていたことがあるが、やはりその第一の理由は面構えが良かったから。タバコというのは本来雰囲気含めて味わうもの。パッケージにこだわるのは至極当然のことだ。

では今回10年ぶりに何が変わったのだろうか。それはカット数の細かさだ。変わらぬバージニアブレンドの葉を使用していながら、通常の「ラッキー・ストライク」が1インチ25カットのところ『エキスパートカット』は46カットとほぼ2倍の細かさで刻んでいる。

実際に吸ってみよう。「ラッキー・ストライク」を知っている人がまず驚くのがそのパッケージ。白地に赤というのが鉄則と思われていたラッキーが、今回は青い。ただどちらかというとブラックに近い濃紺であり、写真で見るよりも実物はシックに感じられることだろう。ボックスタイプで高級感がある。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。