体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』クリエイター・成田昌隆さんに聞く! 「スター・デストロイヤーの一部は“戦艦大和”をモチーフにしている」

映画
img_1659

いよいよ12月15日(金)に全世界同時公開を迎えたシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。本作で、宇宙船「ミレニアム・ファルコン」と、兵器「AT-AT」の進化系となる「AT-M6」などのCGモデリングを担当しているのがルーカス・フィルムのVFX部門であるIndustrial Light & Magic(通称ILM)に所属する日本人クリエイターの成田昌隆さんです。

成田さんは、元証券マンで8年前に46歳でCGクリエイターに華麗なる転身を果たしたという、とってもすごいお方。夢を持つ大人達の憧れの存在なのです。現在は2018年公開のスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のリードモデラーを担当されてます。以前『アイアンマン3』の“アイアンマン”制作についてのお話を伺っていますので、こちらもぜひご覧ください。

【関連記事】元証券マンが46歳で転職! 『アイアンマン3』のCGクリエイター・マサ成田氏インタビュー「何をするのにも遅すぎることはない」
http://getnews.jp/archives/323023 [リンク]

今回も色々とお話を伺ってきました! 成田さんが制作したミレニアム・ファルコンのプラモデルの完成度がスゴすぎるので必見です。

img_1619

▲成田さんが作ったAT-AT のプラモデル、汚し塗装にこだわり

――『最後のジェダイ』にて成田さんが担当されたパートを教えていただけますでしょうか?

成田:『フォースの覚醒』では「ミレニアム・ファルコン」、「ファースト・オーダー・スター・デストロイヤー」、「タイ・ファイター」など、『最後のジェダイ』では「AT-AT」、「AT-M6」、「スキー・スピーダー」、巨大レーザー砲などのCGモデリングを担当しました。「AT-M6」は従来の「AT-AT」の1.5倍ほどの大きさです。AT-ATがスノー・スピーダーにケーブルを巻かれてやられてしまいましたよね、なのでファースト・オーダー側がそれを防ぐ為に、でっかい足でさらに強力な兵器を作ったという事です。僕らは「アトアト(AT-AT)ゴリラ」って呼びながら作っていたんですが(笑)、ゴリラの動きをもとにしています。コンセプトアーティストがライアン監督と話しながら決めたそうなのですが、「昔のAT-ATは犬の様な戦車であった。今回は犬よりも獰猛で強い動物にしよう」という事でゴリラになったとのことです。

img_1685

▲AT-AT(右)が1.5倍サイズにパワーアップしたAT-M6(左)のCGモデル

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会