体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アース製薬が「殺虫剤」を「虫ケア用品」に改称! 一方フマキラーはあまりに真逆すぎる対応(笑)

さまざまな害虫から身を守るのに欠かせない殺虫剤。ゴキブリを巣ごと退治する薬剤や、蚊やハエなどに直接スプレーする薬剤など、用途別にいろいろな殺虫剤が販売されていますよね。

アース製薬が「殺虫剤」を「虫ケア用品」に改称

快適な生活をするためには欠かせない殺虫剤ですが、殺虫剤メーカーの大手として知られているアース製薬が10月末から殺虫剤を「虫ケア用品」と改称して話題となりました。

アース製薬のホームページをのぞいてみると、申し訳程度に(殺虫剤)とも書かれていますが、やはりすでに「虫ケア用品」に改称済み。でも、虫ケアと聞いてもどうもピンと来ませんよね。

この改称にはもちろん理由があって、「殺虫剤」と聞くと人体に有害なイメージを抱いている消費者が全体の5%ほどいるため、「毒性が高そうという印象を変えたい」「マイナスイメージを払拭したい」などという狙いがあるのだとか。

アース製薬は安全性を重視していて、有効成分が天然成分の製品もあるとのこと。確かに虫を殺すと表記する殺虫剤は怖そうなイメージがありますからね。本当に安全な商品なら、毒性が高そうというイメージをしたいと考えるのは当然のことでしょう。

一方フマキラーの対応が間逆すぎると話題に

そんなアース製薬の対応を受けてなのか、偶然なのかはわかりませんが、同じく殺虫剤メーカーの大手として知られるフマキラーは11月末にさまざまな商標の登録出願をしていたことが判明。その内容があまりにもアース製薬と間逆すぎると話題になっています。

一体どんな商標の登録出願をしていたのかというと……



https://twitter.com/trademark_bot/status/941674214729404416



https://twitter.com/trademark_bot/status/941675222956158976

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。