体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今はなぜかまだCDを売っている時代!? 「専用プレイヤーを持っていない」vs「歌詞カードや解説を読みたい」

cd_suitai_01

日本レコード協会によると2016年のオーディオレコードの数量は161190000枚。2007年と266816000枚の比較すると10億枚減っていることになります。また、CDプレーヤーの販売数も大きく減少しています。

それを踏まえて、ある『Twitter』ユーザーがCDがリリースされていることについて次のようにツイート。


既にCDから直接音楽を聞くことを誰もせず、CDを再生できる機器が一台も家庭にないことが普通になった現代は、「CDが売れない時代」ではなく「なぜかまだCDを売ってる時代」だと思います。

このツイートに対しては「そういえばそうだ」「専用のプレイヤーを持っていない」といった反応があったほか、「USBメモリーでもいいじゃんと思う」「すぐにMP3とかAACとかにしちゃう」といった声も見られました。

一方で、別のユーザーからはこんなツイートも。


データって楽だけど、やっぱり現物が欲しいし手元にあるっていう確信的な何かが安心感につながってしまう人間なので、これからもCDは買い続けるだろうなあと思う。

ほかにも「CDはハードディスクやメモリよりも長期保存に強い」「ジャケットが楽しい」「歌詞カードや解説を読みたい」という意見もあり、パッケージ派も根強く存在しているのも事実。とはいえ、音楽ストリーミングサービスが普及している中でCDが馴染みのない世代が増えていくことは覆されないのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/taki_mizuhara/status/940822025878298625 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy