体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「そこら辺の男なんて同じ目鼻のついた人間とも思えない」超絶イケメン帝のお成り!下心が編み出したデメリットの多い”第3の道”とは ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

下心が編み出した、結婚でも愛人でもない”第3の道”

台風の秋も過ぎ、いよいよ年末。源氏は年明けから、玉鬘を射止めたい男たちを弄んできましたが、自分が彼女にのめり込みすぎてしまい、今は「自分の妻(というか愛人)にしたい、他の男と結婚させたくない!」というのが本音です。最初はちょっと楽しいな位の気分だったのが、意外にも本気になりすぎちゃってヤバイな、ってところでしょうか。

このままでは紫の上コースをたどることは自明……ですが、そうなると実父の内大臣(頭の中将)には打ち明けなければならず、世間体も悪い中、表向きは派手派手しく「やれ結婚式だ、お婿さんだ」と大騒ぎされるに決まっている。普通に考えて、かつての親友の娘と結婚するのは相当気まずいと思います。

自分の愛人扱いでもなく、他の男との結婚でもない道はないものか。悩みに悩んだ源氏が編み出したのは、”宮仕え”という第3の道でした。現在、宮中には女官のトップ・尚侍(ないしのかみ)の欠員があったのです。

尚侍は高貴な女性が就く名誉職です。朱雀帝代の朧月夜のように、女御や更衣に並んで帝の寵愛を受けることもありました。尚侍になれば普段は宮中暮らしですが、帰ってくれば自分のもの。以前の「婿取婚にして玉鬘を手放さず愛人扱い」をブラッシュアップした作戦です。……しかし冷泉帝は実は源氏の息子なので、あくまでも帝のお手つきにならないことがポイントですが。

そんなわけで源氏はこの頃、玉鬘に宮仕えを勧めていました。でも聡明な彼女はあれこれ想像して「とても大変そう。私なんかが出ていったら恥ずかしい思いをするのでは」と渋っています。

別に結婚もしたくないけど、ここにいても困ったことが起こりそうだし、でも宮仕えはハードルが高そう……。どっちを向いてもスッキリ決められませんね。

圧倒的存在感!超絶イケメン帝を拝す

そのうち、帝が直々に鷹狩にお出かけになる『行幸』が決まりました。身分の上下に関わらず、あらゆる人が帝のお成りを一目見ようと集まります。更に、この行幸には大臣クラスを筆頭に多くのセレブがお供をしたので、一層大々的なイベントになりました。

時々ちらちらと雪が舞う、寒い当日の朝。すでに移動ルートはお祭りのように牛車がぎっちりで、身分の低い人の貧弱な牛車は圧迫されて壊れたり、大変な騒ぎです。

玉鬘も牛車の中から冷泉帝のお姿を拝見しました。源氏によく似ていますが、更に若々しく気高く、堂々としたご様子です。お付きの者は全て青の衣装で統一する中、帝のお召し物だけが赤なのが、目にも眩しく映ります。神がかった超絶イケメン、冷泉帝のお成りです。

セレブ生活にも慣れ、玉鬘も貴族のイケメン達もずいぶん見慣れてきていましたが、それとは比べ物になりません。若い女房たちがキャーキャー騒ぐ男達なんて、同じ目鼻のついた人間とも思えない。圧倒的な美しさと存在感にうっとりするばかりです。

続けて、さり気なく自分の実父の内大臣もチェック。確かに立派で、ダンディで素敵な中年紳士です。いつも猛烈アタックをしてくる蛍宮の姿もあります。

一方、髭黒はあだ名の通り、ヒゲがもじゃもじゃで毛深く、ガタイの良い色黒のオッサン。役職は武官(右大将)で今日は鷹狩ということもあり、弓矢を背負ってキメているのですが、玉鬘はひと目見て(まあ、イヤ)。毛深くてゴツいオジサン好きで「クマさんみたいでカワイイ~!」みたいな性格なら良かったんでしょうが、残念!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy