体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

町工場xテクノなINDUSTRIAL JP、第7弾は明興双葉xPaisley Parks

町工場xテクノなINDUSTRIAL JP、第7弾は明興双葉xPaisley Parks

町工場のミニマルな工作機械のクローズアップ動画と、テクノ〜エレクトロニック・ダンス・ミュージックの組み合わせによるプロジェクト / レーベル、INDUSTRIAL JP。

その最新作品がこのたびリリースされた。

今回は横浜を拠点に活動するPan Pacific Playaの重要人物、脳とKES、さらにはKent Alexanderが、ライブメンバーのSONYによるプロジェクト、Paisley Parksによる高速ジュークと、「電線」と「ハーネス」の2つを主要な事業としている金属加工工業の明興双葉株式会社によるコラボレーション。

高速回転する工作機械によって、金属の糸が編み込まれ、電線へと生成されていく様などが、BPM160のジュークのテンポ感に“ハマっている”映像。艶やかに黒光りするワイヤーが巻かれ、ねじれる様は、ジュークで高速の足技を繰り出すフットワーク・ダンサーたちを想起させる。

本作品のメイキングは、NHKでINDUSTRIAL JPを取り上げた、ノー・ナレーション・ドキュメンタリー「ノーナレ」でも一場面取り上げられている。

本作の音源は、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信中。作品にはジューク / フットワークの本場、シカゴの第一人者、トラックスマン、そしてKurakiによるリミックスも収録。

楽曲のマスタリングは、電気グルーヴや仙人掌など、幅広く音源を手がけてるエンジニア、得能直也。ジャケット・デザインは野見山修平。映像は曽根良介、撮影、井上圭佑。アート・ディレクターは、下浜臨太郎、サウンド・ディレクションはムードマンこと木村年秀が手がけている。
(河)

・「明興双葉 × Paisley Parks」OTOTOYでの音源配信ページ
https://ototoy.jp/_/default/p/90202

・「INDUSTRIAL JP」の作品音源は全てOTOTOYにて独占ハイレゾ配信中。
https://ototoy.jp/tags/INDUSTRIAL%20JP

『明興双葉 × Paisley Parks』

『明興双葉 × Paisley Parks』
明興双葉 × Paisley Parksスマートフォン向け縦版ヴァージョン

町工場xテクノなINDUSTRIAL JP、第7弾は明興双葉xPaisley Parks

・INDUSTRIAL JPの明興双葉 × Paisley Parks
http://idstr.jp/jp/releases/t07/

・INDUSTRIAL JP公式ページ
http://idstr.jp/jp

・INDUSTRIAL JPのyoutube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQRnnO-TlbPKhlIjp04TnWg

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy