体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビギナーから熟練ランナーまで! リゾートマラソンに参加するならプーケットをオススメしたい理由3連発

dsc_0399

12月10日、注目の国際マラソンを現地で取材してきました。えっ、ホノルル・マラソン? いいえ、タイのプーケットで開催された『Phukethon(プーケソン)2017』です!

プーケットといえば東南アジアを代表するビーチリゾート地。ぶっちゃけスポーツのイメージはなかったのですが、現地はかなりの盛り上がりを見せていました。ビギナーから熟練ランナーまで楽しめるイベントとして、この『プーケソン』をオススメしたい理由をご紹介します。

その1:異国感が味わえるロケーション

img_0653

▲夜明け前にスタートして朝日が昇るのを目にしながら走ります

『プーケソン』の魅力は何と言ってもプーケットの美しい景観を望むようにレイアウトされたコース。

img_0605

▲コース脇ではタイの民族音楽でランナーを応援する人たちも

メインとなるフルマラソン(42.195km)、ハーフマラソン(21.1km)、ミニマラソン(10km)では、それぞれ海抜200mからの美しい海原や、島と深淵を望む360度パノラマビュー、そして中国とポルトガルの文化がミックスした建物が立ち並ぶオールドタウンなど見所が満載のコース設計となっています。

dsc_0440

▲ランニング芸人・がんばれゆうすけさんも参加

一方でアップダウンが激しいのも特徴。『プーケソン』には招待選手として参加し、「30分のネタ見せよりもフルマラソンの方が楽です!」と過去4年間で30本以上のフルマラソンを完走したことで有名な……超有名な(!)ランニング芸人・がんばれゆうすけさん曰く、「今まで走ったどのコースよりもキツかったです」とのこと。

img_0649

▲フルマラソン参加者640人中、日本人は12人

今年が初開催とあって日本人の姿はほとんど見られませんでした。ホノルル・マラソンよりも規模は劣るものの、より濃厚な異国感を堪能することができるハズです。

img_9760

▲日本でも耳にするようになったカラー・ラン

また、カラーパウダーを全身に浴びながら走るカラー・ファン・ラン(5/2/1km)、隠れ家的なビーチを走るジェリー・ビーチ・ラン(5km)など、マラソン初心者でも楽しめるプログラムも。観光では味わえないプーケットの魅力がギュッと詰まったイベントとなっています。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。