体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンビニがなぜかガチ映画をリリース!? ファミマのクリスマス用ムービーがかなりグッとくる出来栄え

c_004s

ファミリーマートが撮ったクリスマス用のムービーが公開されたのですが、その内容が結構に「グッ」とくる仕上がりなので紹介したいと思います。

ファミリーマートの公式サイトではこのムービー本編の公開以前から「雪を解かすほど熱いチキン」として“予告編”にあたるCMが流れていました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-12-14-18-48-43

ファミチキ先輩|キャンペーン|ファミリーマート
http://www.family.co.jp/campaign/spot/famichikisenpai.html

今回紹介するムービー本編である『恋人がファミチキ2017』も、ファミチキ先輩(バイト11年目、29才独身)とバイトの同僚のチカちゃんが主人公。
相関図としては、留学生のミンさんも含め微妙な三角関係っぽさも垣間見えます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-12-14-18-53-49

そんなファミチキ先輩がスキーをしているところから物語は始まります。ステージモデルを目指すチカちゃんに恋心を抱くファミチキ先輩はある日チカちゃんがバイトを辞めてしまう事を耳にし、なぜか豪雪のゲレンデで滑降しまくり!

「おいおいそんなことしてる場合かよ」という僕らの心のツッコミをよそに、玄人っぽいウェーデルンで斜面を攻めるファミチキ先輩、つらい回想から「好きだぁあああああああ」と見事な回転(バックフリップ)をキメながらも最終的には大転倒! 骨なしチキンのはずなのに結構な骨太です。

a_003s

「気持ち、伝えなきゃ」―― 意を決して走り出すと、BGM『恋人がサンタクロース』も聞きなれたサビのフレーズに。昭和生まれの筆者世代だからというのもあるかもしれませんが、この曲でこの演出はやっぱり胸に迫るんですよね。

ファミチキ先輩、大雪の中をスキーブーツのまま走り抜け、結構なピンチがありつつも、「ファミリーマートへ!!」の札を掲げてヒッチハイクに成功します。笑ってしまうくらい猛烈なデコトラに乗せてもらい、一路、ファミリーマートへ急ぐファミチキ先輩。

果たして、チカちゃんに思いは告げられるのでしょうか。

本作、ミニドラマっぽいのかと思いきや、演出やらロケーションなど随所のこだわりが結構に“映画クラス”なのです。「ファミリーマートってコンビニの会社だよね?」とこれまた思わずツッコミを入れてしまいたくなる出来栄えなのですが、ゲスト出演の人たちにも注目してほしいです。

おそらく「え。この人たちを出すんだ……!」って思うはず。マジメに作りつつもこのノリの良さ!

楽曲は全編通じて、松任谷由実さんの『恋人がサンタクロース』でまとめられているのですが、クリスマス特有のアガる感情を引き出してくれています。音楽の力ってすごい。

最終的にファミチキ先輩はどうなるのか。もう一人のヒッチハイカー(ある意味ガチのキャスト)はどうなったのか。デコトラのデコレーションはいかにスゴすぎたのか ―― ぜひとも実際に観ていただきたいな、と思います。単なるプロモーションムービーとは言い難い、心意気のある作品ですよ!

https://youtu.be/uEN6k_5iHxc

公開予定

※画像はファミリーマート公式WEB、ムービー本編より引用

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。