体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lenovoも18:9ディスプレイを持つスマートフォンを開発中

大手 PC メーカーの Lenovo も次世代モデルでは 18:9 ディスプレイを搭載したスマートフォンをラインアップしてくる計画であることが、中国の工信部で認証を取得した「K320t」の存在で明らかとなりました。Lenovo K320t は 5.7 インチで 1,440 × 720 ピクセルというディスプレイを採用しており、6 インチ端末よりもディスプレイサイズは小さいので、筐体の横幅も 73.5mm と細めです。他は特に大したことありません。OS は Android 7.0 Nougat で、1.3GHz 駆動のクアッドコアプロセッサ、2GB / 3GB RAM、32GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーを搭載しています。興味深いのはエントリーレベルの機種にも 18:9 ディスプレイを使っている点です。来年はエントリーモデルであっても 18:9 ディスプレイが多く出回ると予想されます。Source : 工信部

■関連記事
「Googleマップ Go」がGoogle Playストアで配信開始
Pixel 2で「ARステッカー」を使ってみた(動画あり)
InFocusが初の18:9ディスプレイを持つスマートフォン「M7s」を来年早々にも発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。