体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

我が家が「STAR WARS」の世界に!? 驚きのアイテム3種発売!


あなたの日常を映画「STAR WARS」の世界へいざなう「STAR WARS おつまみサーバー」2種類と「STAR WARS リモコンセーバー」が登場!


「STAR WARS おつまみサーバー」のラインナップは、「ダース・ベイダー」と「ストームトルーパー」の2種類。それぞれ高さが約23cmと、インテリアにも映えるビッグサイズだ。特徴的なヘルメットの造形もていねいに再現しており、ハイクオリティなレプリカマスク(約1/2スケール)としても活躍してくれる。一口分のおつまみをサーバーから配出する“ノーマルモード”と、ゲーム感覚でみんなとワイワイ楽しめる“パーティーモード”の機能付き。


さらに、「ダース・ベイダー」には『Yes, my master.』などのキャラクターボイスやダース・ベイダーの吐息、ライトセーバーの音などが、「ストームトルーパー」には『Don’t move.』『Freeze!』などのボイスや銃声音など、それぞれ約10種類の音声や効果音を内蔵。ファンにはたまらないアイテムとなっている。


おつまみだけでなく、フォースの力で電化製品をコントロールすることができるアイテムも登場。それが「STAR WARS リモコンセーバー ルーク・スカイウォーカー」!


映画で父の形見としてルークに渡された青い光刃の“ライトセーバー”がモチーフで、レプリカモデルとしても楽しめる本格的なデザイン。さらに、テレビに向けて本体を切りつけるように振ると、効果音とともにテレビの電源をオンにできる。


一度に6種類の信号を記憶できるため、テレビの電源、チャンネルや音量の変更を本体一つで自由自在に操作したり、テレビ、オーディオ、照明など部屋の中の複数の家電を本体一つで意のままに操ることが可能で、まさに電化製品の支配ができる。

「STAR WARS おつまみサーバー」全2種は、各6980円(税抜)。「STAR WARS リモコンセーバー ルーク・スカイウォーカー」は、4800円(税抜)。それぞれ、12月14日(木)より、全国の雑貨店、量販店、玩具専門店などの玩具売場のほか、タカラトミーアーツ公式ショッピングサイト「e組」にて発売。

大人も楽しめる実用的なアイテムで、あなたの日常生活を「STAR WARS」の世界へ変えてみては?

© & TM Lucasfilm Ltd.

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。