体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガジェット通信メンバーが考える新しいイベントの形『OMOTENASHI TOKYO 2017 -Winter-』開催決定!

img_7787

2017年12月29日に、秋葉原・ガジェット通信フロアにて、『OMOTENASHI TOKYO 2017 -Winter-』が開催される。このイベントは、ガジェット通信メンバーが企画するイベントで、ガジェット通信のスタジオを貸し切って、参加者同士がお互いに楽しい時間を共有・提供し、お互いを“おもてなし”しあうイベントです。

参加者全員が“おもてなし”

“おもてなし”という言葉がクローズアップされた、2013年。流行語にもなりましたし、なんとなく意味や雰囲気はわかっているかと思います。辞書を調べてみると、

心のこもった接遇、歓待、サービスなどを意味する表現。
(引用:Weblio辞書 丁寧表現辞書)

と書かれています。

『OMOTENASHI TOKYO』は、参加者の皆さん同士でお互いに“おもてなし”しあうイベントです。それはどんな形でも良いです。飲食、ゲーム、小噺、歌など、自分が提供できるものを振舞ってみてください。人は、何かを振舞われると、何かお返しがしたくなるものです。そのお返しもどんな形でも構わないです。自分がが提供できるものを少し返してみてください。そのマインドの積み重ねこそが、“おもてなし”だと考えています。

「とはいえ、何もできないよ」

わかります。何かを披露することや主張することが、とかく苦手なのが日本人。でも、表現というのは人前に出て派手に何かを披露するだけではないのです。

例えば、
「コンビニで買ったスナック菓子がすごく美味しかった。これ他の誰かにも共有したいな」

それでいいのです。SNSで何の気なしにつぶやいているような感覚で、コンビニのお気に入りのお菓子を買ってきて、それを参加者同士で振舞って共有する。それも立派な“表現”なのです。

そんな、一つ一つの表現が集まるイベントが『OMOTENASHI TOKYO』なのです。

そして、イベントを運営するスタッフも“OMOTENASHI”のマインドを持った、“いち参加者”です。同じ参加者として、楽しい時間をみなさんと共有します。

ガジェット通信メンバーとそのお友達の参加者はコチラ

・ひろゆき @hiroyuki_ni https://twitter.com/hiroyuki_ni
・ひらD @takumaru https://twitter.com/takumaru
・グニャラくん @tasukuchan https://twitter.com/tasukuchan
・ひげおやじ @higeoyaji https://twitter.com/higeoyaji
・松尾プロ   @nekon https://twitter.com/nekon
・周二郎 a.k.a. 周二郎探検隊 @shu_UT https://twitter.com/shu_UT

「なんか面白そうな人たちが集まってるから、ただ語り合いたい!」

それでもいいのです。友人の家でのホームパーティーや、地元の寄り合いに参加する感覚の延長線上に『OMOTENASHI TOKYO』はあります。

持ってきたつまみと飲み物を振る舞い合うもよし。参加者みんなに協力してもらって何かを作り上げるもよし。芸があれば披露してみるもよし。何が起こるか未知数な、この時間・この空間を体験してください。

“OMOTENASHI”ルール

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%993

楽しいイベントを作るにはそれなりのルールが必要です。

・原則、一度会場に入ったらイベント終了まで外に出られません。
18:00〜29:00の長時間、見ず知らずの人と一夜を過ごす。もうそれだけでイベントです。オトナになるとなかなかそういう機会もありませんので、むしろ楽しんでください。

・飲み物、食べ物は、運営からは提供されません。(水だけあります)
飲食物はご自由にお持ち込みください。とはいえ、“おもてなし”イベントです。何かしらのサプライズがあるかも!

・運営から出し物があるわけでもありません。その場にいる人達でお互いに協力し合って楽しい時間を過ごすのが目的です。
もちろん、ガジェット通信メンバーとそのお友達も“おもてなし”を考えています。

・金銭のやり取り、物々交換は禁止です。
全て“おもてなし”として、与えましょう。求めてはいけません。

・撮影禁止です。
スマホはオフにして、今いるこの時間・この場所をフルに楽しみましょう。

・ドレスコード“青”
好きな服装で来てかまいませんが、何かしら青いアイテムを身につけてください。

・他者の行為を非難するのは禁止です。
一番大切な“おもてなし”のマインドです。全てを楽しむ気持ちを忘れずに。

イベント情報

omotenashi-tokyo-2017-%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99

OMOTENASHI TOKYO 2017 -Winter-
・開催日時:12月29日(金)
 17:30 開場
 18:00 開演(終演 29:00予定)
※20歳未満は、参加できません。
※保護者同伴でも、未成年は参加できません。
・会場:ガジェット通信フロア
・料金:3000円

・詳しいイベント概要とチケットはコチラのページから
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/012tnuz9euvy.html

周二郎の記事一覧をみる

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。